FOLLOW US

【予想スタメン】鳥栖、好相性の磐田戦で今季2勝目を狙う…ペク・ソンドンは古巣戦に闘志

磐田で3年間プレーしていた鳥栖MFペク・ソンドン [写真]=Getty Images

■サガン鳥栖 公式戦8試合白星なし、得点力が深刻な課題

 リーグ戦第7節のヴィッセル神戸戦が中止となって迎えたナビスコ杯第4節横浜F・マリノス戦は0-1で敗れ、公式戦8試合連続未勝利となった。今季はまだ公式戦での無失点試合をマークしていないが、ここまで7失点はリーグで4番目に少ない数字。勝利には見放されているが、守備が大崩れしていないことは鳥栖らしくもあり、悲観することはない。公式戦で2試合連続完封負けを喫しているが、いずれも相手を上回る17本のシュートを放った。リーグワースト2位の5得点という深刻な課題は解消されていないが、シュートチャンスは作れているとポジティブにチームは捉えている。

 それよりも、前述の横浜FM戦で左肘を負傷した鎌田大地の状態がチームにとっては気掛かりだ。鎌田に代わってこの試合の先発が予想されるペク・ソンドンは「相手がどんなチームでも僕たちが準備したもの、持っているものをしっかりと出せば勝ち点3がついてくる。今季リーグ戦初ゴールを取って勝てれば最高です」と古巣対戦に闘志を燃やした。

 磐田戦のJ1での対戦成績は3勝1分1敗と勝ち越している。しかも、5試合中3試合で3得点をマーク。豊田陽平を起点にして、岡田翔平や富山貴光などが磐田ディフェンス陣の背後を突くことができれば、課題の決定力不足を解消する可能性が高まる。相性の良さ、ホーム開催などを味方につけて、開幕戦以来となる勝利をつかめるか。(荒木英喜)

■鳥栖予想スタメン
4-4-2
GK
林彰洋
DF
藤田優人
キム・ミンヒョク
谷口博之
吉田豊
MF
キム・ミヌ
高橋義希
チェ・ソングン
ペク・ソンドン
FW
豊田陽平
岡田翔平

■ジュビロ磐田 前節は5失点を許して大敗、ジェイと小林が欠場で不安は多い

 前節の横浜F・マリノス戦は5失点と、守備が崩壊した。不運な失点もあったが、早急な立て直しが求められる。さらにトップ下の小林祐希が退場し、今節は出場停止。得点ランク1位のエース、ジェイも左足のけがの回復が思うように進まなかった。欠場が決定的で、攻撃の要2人を欠き、厳しい試合を強いられそうだ。

 攻守両面で不安を抱える中、先発を大幅に入れ替える可能性がある。その中でも注目は、トップ下での先発が濃厚の元日本代表MF松井大輔。ナビスコ杯の甲府戦では決勝点を挙げるなど、好調をキープしているベテランの得点に直結する働きに期待は大きい。1トップは森島康仁か齊藤和樹のどちらかだろう。熊本地震発生後、初めての九州開催。森島は大分、齊藤は熊本と、かつて所属した地への思いは強く、良い結果を被災地に届けたい。最終ラインやボランチも前節からテコ入れする可能性がありそうだ。

 チームは22日に現地入りする。試合2日前に敵地へ乗り込んだ試合は昨季から6戦全勝。万全の体制を整えて試合に挑む。横浜FM戦は惨敗したが、収穫もあった。J1の厳しいマークに苦しんでいたアダイウトンが今季初ゴールを記録。昨季J2で17得点を挙げた点取り屋の復調は頼もしい。

 ベアスタは2013年にクラブ史上初のJ2降格が決まった場所。鳥栖との敵地戦はナビスコ杯を含めて3戦全敗と相性も悪い。過去の苦い記憶を拭い去ることができるか。(totoONE編集部)

■磐田予想スタメン
4-5-1
GK
カミンスキー
DF
櫻内渚
大井健太郎
森下俊
中村太亮
MF
山本康裕
宮崎智彦
太田吉彰
松井大輔
アダイウトン
FW
森島康仁

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA