FOLLOW US

【予想スタメン】好調同士の一戦、磐田が今季未勝利のホームに横浜FMを迎える

アダイウトン(左)とカイケ(右)の今季初ゴールにも期待が集まる [写真]=Getty Images

■ジュビロ磐田 公式戦2連勝中もエースのジェイが欠場濃厚、ホーム初白星を狙う

 前節のアルビレックス新潟戦でリーグ戦4試合ぶりの勝利を飾り、ヴァンフォーレ甲府とのナビスコ杯第3節から公式戦2連勝。リーグ戦5試合負けなしで7位につけ、上り調子で横浜F・マリノス戦を迎える。勝てば順位が入れ替わる相手との一戦へ、選手の気持ちも高ぶっている。

 勝負強さが光る。新潟戦は先に失点を許したが、試合をひっくり返した。昨季は逆転勝利が7度。劣勢でも前を向き、勝利を目指す姿勢を、継続できている。名波浩監督も「失点しても下を向かず、気持ちの切り替えができている」と評価。ファウル数は「116」とリーグで最も多いが、球際で激しく戦っている証拠とも言えるだろう。公式戦2連勝を支えるのは、ボランチの山本康裕。昨季まで所属した新潟との古巣戦では、磐田復帰後初めてリーグ戦で先発した。状態は良く、クラブのリーグ最年少出場記録を持つ山本が、慣れ親しんだヤマハスタジアムで活躍しそうな予感が漂う。

 エースのジェイが新潟戦で左足を痛めた。回復が遅く、今節は欠場する見通しだ。得点ランク単独トップの6得点を挙げる点取り屋の不在は痛い。加えて、もう一人の得点源であるアダイウトンが不調。相手の徹底マークに苦しみ、新潟戦ではほとんど好機を作れずに途中交代した。ジェイ頼みの状態を打破できなくては、勝利が見えてこない。

 ホームでの相性の悪さも気にかかる。ナビスコ杯の甲府戦には勝ったが、リーグ戦は今季1分1敗と未勝利。昨季も24勝中、ホームは10勝とアウェーより少なかった。今節の入場券は完売となる可能性が高い。満員のサポーターの後押しを受け、苦手意識を克服できるか。(totoONE編集部)

■磐田予想スタメン
4-5-1
GK
カミンスキー
DF
櫻内渚
大井健太郎
森下俊
宮崎智彦
MF
山本康裕
上田康太
太田吉彰
小林祐希
アダイウトン
FW
齊藤和樹

■横浜F・マリノス 中澤を中心とした守備陣は今季も安定、チームは5戦無敗と好調を維持

 前節は浦和レッズとの上位対決で今季初のスコアレスドロー。惜しくも連勝は「3」で止まった横浜FMだが、リーグ戦6戦目でチームはようやく初の無失点を達成した。シュート数では5対15と圧倒されたため、選手たちの表情を見ると反省も色濃いが、順位は4位をキープ。狙いどおり堅守速攻を貫いて勝ち点1を得たことはプラスだったと言うべきだろう。

 2試合前のガンバ大阪戦でPKを止めた守護神、飯倉大樹はまたも好セーブを連発。中澤佑二をはじめとした最終ラインは粘り強く、安定感が増してきている。攻撃陣はというと、負傷で浦和戦を欠場した齋藤学は、今節も出場はどうなるか微妙だが、居残りでシュート練習を行うなど回復は順調そうだ。日本代表アタッカーが先発を外れれば、代役は再びユース上がりのルーキー遠藤渓太か。浦和戦ではカウンターで持ち前のスピードスターぶりを発揮し、得点の可能性を最も感じさせた。ブラジル人カイケとオランダ人マルティノスの助っ人コンビは、コンディションも連係面でも向上が期待される。U-23日本代表候補合宿帰りの富樫敬真と前田直輝は、意欲高く臨めるはずだ。

 チームは5戦無敗と調子を上げているが、それは今節当たる磐田も同じ。ただ、2012シーズンより3連勝中と相性は良さそうだ。取り戻した持ち前の堅守で6ゴールを決めている相手エース、ジェイを止めて、無敗街道を走りたい。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-5-1
GK
飯倉大樹
DF
小林祐三
中澤佑二
ファビオ
下平匠
MF
喜田拓也
中町公祐
マルティノス
中村俊輔
遠藤渓太
FW
カイケ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO