2016.04.12

G大阪、U-23日本代表MF井手口陽介が左足関節捻挫で離脱

井手口陽介
3月のACLメルボルン戦に出場したG大阪MF井手口陽介(左) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ガンバ大阪は12日、練習中に負傷していたMF井手口陽介が検査の結果、左足関節捻挫と診断されたことを発表した。

 井手口はここまで2016明治安田生命J1リーグで5試合、AFCチャンピオンズリーグで全4試合に出場。だが、8日の練習中に負傷し、10日に行われたJ1ファーストステージ第6節のベガルタ仙台戦は欠場していた。

 現在19歳の同選手は、G大阪ユース出身で2014年にプロ契約を締結。今年1月に行われたリオデジャネイロ・オリンピック アジア最終予選では、U-23日本代表のメンバーに選出され、グループステージ第3節のサウジアラビア戦で初出場を果たし、決勝ゴールも記録していた。なお、現在、静岡県内で行われているU-23日本代表の合宿には招集されていなかった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
48pt
FC東京
40pt
川崎F
39pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る