FOLLOW US

C大阪、新加入ソウザの2発で千葉に競り勝つ…開幕から6戦無敗で首位奪還

3日に行われたJ2第6節でC大阪と千葉が対戦した

 2016明治安田生命J2リーグ第6節が3日に行われ、セレッソ大阪ジェフユナイテッド千葉が対戦した。

 開幕から4試合全て1-0で制して4連勝で首位に立っていたC大阪は前節、ツエーゲン金沢に2-2と引き分けて2位に転落。キックオフ前に首位のロアッソ熊本が清水エスパルスに0-2と敗戦したため、勝てば再び首位に躍り出る一戦となった。スタメンには、前節から負傷離脱した茂庭照幸に代えて田中裕介を起用した以外は同様のメンバーが名を連らね、FW柿谷曜一朗やFW杉本健勇らが入っている。

 一方の千葉は、5試合を終わって3勝1分け1敗で7位につけている。直近の3試合は無失点で負けがなく、上位進出に向けて勝点3が欲しい一戦。先発メンバーには前節から1人を入れ替え、FW船山貴之やFWエウトン、MF長澤和輝らが名を連ねている。

 最初に決定機を作ったのはホームのC大阪。8分、中央を柿谷がドリブルで運ぶと、相手DFを引きつけてエリア内左のリカルド・サントスにスルーパス。左足でシュートを放ったが、左ポストに弾かれてしまう。こぼれ球に反応した柿谷が左足で合わせたがゴール上に外れた。

 さらに攻めるC大阪は29分、右サイドを抜け出した松田陸が右足で折り返す。エリア内で受けたブルーノ・メネゲウがドリブルで仕掛けて、右足のヒールパス。走り込んでいた柿谷が左足でシュートを打ったが、ゴール左に逸れた。

 攻め続けていたC大阪がセットプレーから先制に成功する。32分に獲得した右CKをブルーノ・メネゲウがクロス。ソウザが頭で合わせたボールを、ファーサイドで山下達也がヘディングシュート。GK佐藤がなんとか弾いてボールはクロスバーに直撃したが、跳ね返ったボールを最後はソウザが頭で押し込んだ。これがソウザにとって加入後初ゴールとなった。

 38分、またもセットプレーからC大阪が追加点を挙げる。敵陣中央で得たFKを丸橋祐介が左足でクロス。エリア内中央でソウザが頭で合わせると、ボールはゴール左に突き刺さった。前半は終始ペースを握ったC大阪の2点リードで折り返す。

 2点を追う千葉は、後半から富澤清太郎と吉田眞紀人を投入した。すると、後半開始直後の46分にすぐさま1点を取り返す。エリア内左でボールを受けたアランダが左足で折り返すと、中央でエウトンが左足で合わせてゴールネットを揺らした。

 1点差に詰め寄られたC大阪は50分、ブルーノ・メネゲウから右サイドでボールを受けた杉本が右足でクロス。相手DFのクリアミスがファーサイドに流れて、フリーになっていた丸橋が左足で狙ったが、惜しくもゴール左に外れた。

 同点ゴールを目指す千葉は63分、左サイドでボールを受けた長澤が右足で丁寧なクロスを供給。ファーサイドで多々良敦斗が飛び込んだが、頭で上手く合わせられずゴール左に逸れた。69分には右CKを長澤が右足でクロス。中央でフリーになったエウトンが強烈なヘディングシュートを放ったが、GKキム・ジンヒョンの正面をついてしまう。

 C大阪は73分に1枚目の交代カードを切る。リカルド・サントスに代えて関口訓充を投入した。87分、こぼれ球を拾った柿谷がドリブルで前線に持ち運び、左足を振り抜く。しかし、ボールはゴール左に外れてしまう。

 試合はこのまま2-1で終了。C大阪は開幕からの無敗を6試合に伸ばし、再び首位に浮上した。対する千葉は4試合の黒星を喫した。

 次節、C大阪は9日に敵地で清水と、千葉は同日に金沢とホームで対戦する。

【スコア】
セレッソ大阪 2-1 ジェフユナイテッド千葉

【得点者】
1-0 32分 ソウザ(C大阪)
2-0 38分 ソウザ(C大阪)
2-1 46分 エウトン(千葉)

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA