2016.04.02

浦和が3連勝で首位浮上…横浜FMは中村俊輔のFK弾などでG大阪下す/J1・1st第5節

ゴールを喜ぶ浦和の選手たち [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第5節が1日と2日に各地で行われた。

 首位に立つ川崎フロンターレはホームで3位の鹿島アントラーズとの上位対決。27分にカイオのゴールで先制を許したが、前半のうちにエウシーニョの得点で同点に追いついたが、勝ち越し点は奪えず。川崎の連勝は2でストップし、開幕からの無敗を維持したが、2位に後退した。

 リーグ戦2連勝中で2位につける浦和レッズは、ホームにヴァンフォーレを迎えた。31分に甲府に退場者が出たため、一方的な展開になると、興梠のリーグ戦3試合連続得点などで2-1と勝利。3連勝で首位に浮上した。

 前節サガン鳥栖に競り勝ち、公式戦4試合負けがない横浜F・マリノスは、敵地でG大阪とのアウェーゲームに臨んだ。1点を先制されて迎えた40分、中村俊輔が自身の持つJ1最多記録を更新する、通算22本目となる直接FKを決めて同点とする。さらに70分に新加入のマルティノスのゴールで勝ち越しに成功。後半アディショナルタイムにはPKのピンチも迎えたが、凌ぎ切って3連勝を飾った。

 そのほかの結果は以下のとおり。

■J1 1st第5節結果
▼4月1日開催
浦和レッズ 2-1 ヴァンフォーレ甲府
サンフレッチェ広島 3-0 ベガルタ仙台

▼4月2日開催
アビスパ福岡 0-1 アルビレックス新潟
川崎フロンターレ 1-1 鹿島アントラーズ
サガン鳥栖 1-1 柏レイソル
大宮アルディージャ 1-1 ジュビロ磐田
FC東京 3-2 名古屋グランパス
湘南ベルマーレ 1-2 ヴィッセル神戸
ガンバ大阪 1-2 横浜F・マリノス

■J1 1st第5 節順位表
1位 浦和(勝点12/得失点差5)
2位 川崎(勝点11/得失点差6)
3位 鹿島(勝点10/得失点差3)
4位 横浜FM(勝点10/得失点差2)
5位 神戸(勝点9/得失点差2)
6位 FC東京(勝点9/得失点差0)
7位 広島(勝点8/得失点差6)
8位 名古屋(勝点7/得失点差0)
9位 新潟(勝点7/得失点差-2)
10位 大宮(勝点7/得失点差-2)
11位 磐田(勝点6/得失点差0)
12位 G大阪(勝点6/得失点差-1)
13位 仙台(勝点6/得失点差-3)
14位 鳥栖(勝点5/得失点差-1)
15位 甲府(勝点4/得失点差-4)
16位 柏(勝点3/得失点差-3)
17位 湘南(勝点2/得失点差-4)
18位 福岡(勝点2/得失点差-4)

■J1 1st第6節対戦カード(4月10日開催)
横浜FM vs 浦和
名古屋 vs 大宮
神戸 vs 福岡
仙台 vs G大阪
甲府 vs 湘南
川崎 vs 鳥栖
鹿島 vs 広島
新潟 vs 磐田
柏 vs FC東京

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る