2016.03.22

昨季王者の広島に痛手…定位置確保のDF佐々木翔が右ひざ負傷で手術へ

佐々木翔
大宮戦で負傷し倒れこむ広島DF佐々木翔(右下) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 サンフレッチェ広島は22日、DF佐々木翔が右ひざ前十字じん帯断裂と診断されたことを発表した。

 佐々木は20日に行われた2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第4節の大宮アルディージャ戦で先発出場。だが、5-1で今季初勝利目前だった後半アディショナルタイムの93分、相手選手からタックルを受けて負傷し、担架で運び出されていた。

 今季、同選手は大宮戦を含むJ1全4試合に3バックの左で先発出場し、昨季主に同ポジションでプレーしていたDF水本裕貴から定位置を奪取。16日に行われたAFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節のブリーラム・ユナイテッド(タイ)戦では、佐々木が3バックの左に入り、水本が右に回っていた。

 なお、同選手の離脱期間は手術後に発表される。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る