2016.03.14

C大阪U-23DF森下怜哉、J3最年少出場記録を更新…17歳4カ月12日でJデビュー

U-18日本代表選出経験も持つ森下怜哉[写真]=Getty Images
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

 Jリーグは13日、セレッソ大阪U-23DF森下怜哉が「17歳4カ月12日」でJ3リーグ戦最年少出場記録を更新したことを発表した。

 C大阪U-18に所属する森下は2月26日に、下部組織所属のままJリーグの公式戦に出場可能な2種登録選手として登録されていた。

 すると、13日に行われた2016明治安田生命J3リーグ開幕戦のグルージャ盛岡戦で、今季からJ3に参戦するC大阪U-23のメンバーとして先発出場。チームは清原翔平と米澤令衣の得点で、2-0の勝利。森下はフル出場を果たして、完封勝利に貢献している。

 なお、これまでは杉森考起(当時JリーグU-22選抜)が「17歳4カ月26日」でJ3最年少出場記録を保持していた。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る