FOLLOW US

【予想スタメン】FC東京は選手層の厚さを見せられるか…田邉や小川の活躍にも注目

ACL第2節のビン・ズオン戦でプロ初出場を果たした小川 諒也[写真]=Getty Images

■ベガルタ仙台 三田の欠場は大きな痛手、代役藤村に期待がかかる

 開幕戦で横浜F・マリノスに勝利した仙台が、ホームに戻って連勝を狙う。前節は、前半に相手を押し込んで先制できたが、後半には猛反撃を受けてほとんど攻撃の形を作れなかった。それでも耐え抜いたことは収穫である一方、90分を通したゲームマネジメント力を身につけることが、今の仙台には必要だ。日曜日に開催されるために、普段より一日長い準備期間を有効に活用したい。

 ホーム開幕戦の相手はFC東京。昨季のJ1では、2敗した手強い相手だ。前節に勝利して得た自信とともに連勝したいところだが、FC東京から期限付き移籍している三田啓貴が契約の関係で今節は出場できない。三田は前節にボランチとしてフル出場し、決勝点を決めているだけに大きな痛手となる。

 ここで、活躍が期待されるのが、新たにチャンスを得るボランチの選手だ。キャプテンの富田晋伍とともに、昨年の天皇杯準々決勝柏戦で先発の座をつかんだ藤村慶太が、チームの攻守のバランスをコントロールすると予想される。

 また、今季の仙台はホームゲームでの勝利に懸ける思いが今までよりさらに強い。ユアテックスタジアム仙台では多くのサポーターに後押しをされる仙台だが、昨季はリーグ戦のホームゲームで5勝しか挙げられず、悔しい思いをした。今季こそホームで強い姿をサポーターに見せたいという意志を、プレーに表そうとしている。(totoONE編集部)

■仙台予想スタメン
4-4-2
GK
六反勇治
DF
大岩一貴
平岡康裕
渡部博文
石川直樹
MF
金久保順
富田晋伍
藤村慶太
梁勇基
FW
奥埜博亮
ウイルソン

■FC東京 田邉や小川ら新戦力が勢いをもたらすか

 開幕戦は、主導権を握って攻め込みながら、大宮のカウンター一発に沈んだ。そこから中2日で臨んだACL第2節ビン・ズオン戦は、フレッシュなメンバーを起用して3-1で勝利。公式戦2連敗の嫌な流れを断ち切った。中でも田邉草民や、プロ初出場の小川諒也らがチームに勢いをもたらした。特に小川は左足のキックを生かして2アシストし、逆転勝利に貢献した。ACLとの並行開催で第2節仙台戦も中4日で迎えるため、先発メンバーは流動的だが、徳永悠平を本来の右サイドバックに、橋本拳人をボランチで起用することも可能な状態に。新たな戦力の台頭は、選手層に厚みをもたらし、大きなプラス材料と言えるだろう。

 しかし、このビン・ズオン戦でも、相手にワンチャンスを生かされて先制点を奪われた。2試合連続であっけなく失点する場面が続いているだけに、カウンターへのケアや、リスクマネージメントなど、守備の見直しは急務。城福浩監督も「課題をひとつずつクリアして、同じやられ方をしないことが大事」と話し、細部を突き詰めていく。

 攻撃では「引いて固めた守備を崩しきれない」という課題に直面しているが、アクションを起こしてコンビネーションを発揮していくためには、さらなる時間も必要だろう。堅守の仙台に対して状況が膠着すれば、セットプレーから打開を図りたい。理想とするスタイルを追い求めながらも、ビン・ズオン戦で見せた「勝負にこだわる姿勢」を貫きたい。(totoONE編集部)

■FC東京予想スタメン
4-4-2
GK
秋元陽太
DF
橋本拳人
森重真人
丸山祐市
徳永悠平
MF
水沼宏太
米本拓司
梶山陽平
東慶悟
FW
前田遼一
阿部拓馬

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA