FOLLOW US

神戸、鳥栖から今年代表デビューの藤田直之を獲得「全身全霊で闘う」

東アジアカップ韓国戦で代表デビューを果たした藤田直之 [写真]=兼子愼一郎

 ヴィッセル神戸は29日、サガン鳥栖からMF藤田直之を完全移籍で獲得したと発表した。

 藤田は、神戸の公式サイトを通じて、「2016年よりヴィッセル神戸でプレーさせて頂く事になりました。ヴィッセル神戸のために全身全霊をかけて闘います。素晴らしいシーズンにしましょう。宜しくお願いします」と意気込みを語った。

 また、鳥栖の公式サイトでは、「この度ヴィッセル神戸に移籍する事になりました。僕はサガン鳥栖に育ててもらった選手です。この感謝の気持ちと誇りを持って、これからも精進していきます。サガン鳥栖に関わる全ての方に支えられ素晴らしい6年間を過ごさせて頂き、ありがとうございました」と感謝を示した。

 現在28歳の同選手は2010年に福岡大学から鳥栖に加入。J1とJ2を含むリーグ戦通算182試合に出場し13ゴールを記録した。今季は公式戦37試合に出場。8月5日に行われたEAFF東アジアカップ2015第2戦の韓国戦で代表デビューを果たした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO