FOLLOW US

横浜FM、嘉悦社長の退任決定「やるべきことはほぼ全てやり切った」

横浜FMの社長退任が決まった嘉悦朗氏 [写真]=鷹羽康博

 横浜F・マリノスは25日、嘉悦朗社長の退任と長谷川亨氏の新社長就任を発表した。

 横浜FMは24日に臨時株主総会と取締役会を開催。2010年から代表取締役社長を務めている嘉悦氏が12月31日付けで退任し、日産自動車株式会社・常務執行役員の長谷川氏が2016年1月1日付けで新社長に就任することが決まった。

 嘉悦氏は、クラブ公式サイトを通じて、「私は経営者として『やりたいこと』はほとんど何も出来ませんでしたが、『やるべきこと』については、ほぼ全てをやり切ったと判断しています。横浜F・マリノスには、過去の経営によってもたらされた課題が余りにも多く、『やるべきこと』が山積していましたので、その解消には非常に大きなエネルギーを要しました。その結果、自分自身に残されたエネルギーがそれほど多くはないことを痛感し、退任を決断しました」と説明。「後任の長谷川は横浜F・マリノスを進化させるための十分なエネルギーを持っています。変わらぬご支援を頂ければ幸いです。長い間、本当に有難うございました」と感謝を示した。

 一方、インドネシアやタイなどで社長を歴任した経験を持つ長谷川氏は、「日産グループで最もサッカー通の嘉悦社長からバトンを引き継ぎます。これまで日産自動車人生の約半分は海外で社長業を転戦してきました。今回新たに全く未知のビジネスにチャレンジできる事を楽しみにしています。クルマの販売もF・マリノスも お客様に夢と希望をお届けするビジネスでやるべき事の基本は同じ、と感じます。嘉悦社長が築いた路線を踏襲しつつ、海外での長い社長業の経験を生かして改革・改善を更に加速させ、総力を上げてチームワークで果敢に勝利を狙いつつ、経営的にも安定させるべく 最善を尽くしていきたいと思います。絶大なるサポートをよろしくお願い致します」と意気込んだ。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO