FOLLOW US

広島、善戦もクラブW杯4強の壁破れず…南米王者リーベルが辛勝で決勝進出

広島は善戦するも、得点を奪えず。リーベルが決勝進出を果たした [写真]=兼子愼一郎

 FIFAクラブワールドカップ2015準決勝が16日に行われ、サンフレッチェ広島とリーベル・プレート(アルゼンチン)が対戦した。

 広島は、10日に行われた開幕戦でオセアニア王者のオークランド・シティ(ニュージーランド)に2-0で勝利。13日に行われた準々決勝ではアフリカ王者のマゼンベ(DRコンゴ)を破り、2試合連続の完封勝利でクラブ初のベスト4進出を果たした。準決勝から登場する南米王者・リーベルとの大一番で、日本勢初の決勝進出を狙う。

 広島の先発メンバーには、リーベルのマルセロ・ガジャルド監督も「特にキャプテンを軸にして攻撃するチーム」と警戒するMF青山敏弘、2試合連続ゴール中のDF塩谷司、初戦の負傷交代から復帰したMF清水航平らが名を連ねた。その一方でFW佐藤寿人とMFミキッチがベンチスタート。代わりにFW皆川佑介、MF柏好文がスタメン入りした。リーベルは、広島の森保一監督が前日会見でキーマンだと名指ししたMFマティアス・クラネビッテルとMFカルロス・サンチェスが先発出場。佐藤が「同世代で一番のスーパースター」と評し、対戦を熱望するFWハビエル・サビオラはベンチスタートとなった。

 試合は、サポーターの大歓声に後押しされたリーベルが主導権を握る。一方の広島は堅守で応じ、カウンターからチャンスを作る。23分、高い位置でボールを奪った広島は、柏のスルーパスに反応したドウグラスがペナルティエリア右からシュートを放つが、相手DFにブロックされた。26分には、塩谷のロングフィードでエリア内中央に飛び出した皆川が、ダイレクトでシュートを放つが、GKマルセロ・バロベロの好セーブに阻まれた。

 さらに31分、広島はエリア内右に抜け出したドウグラスが中央へ折り返すが、走り上がっていたフリーの皆川にはわずかに合わない。33分、皆川のスルーパスでエリア内左に抜け出した茶島雄介が、切り返しから右足を振り抜くが、シュートはGKバロベロに阻まれた。40分には、青山のスルーパスを皆川がエリア内中央で受けると、ボールは足元に入るが、強引に右足シュート。だが、ここもGKバロベロに弾き出された。

 リーベルは43分、右サイドからクロスが入り、折り返しをゴール前のC・サンチェスがダイビングヘッドで合わせるが、シュートはGK林卓人が反応し、右手1本でかき出す。さらに、C・サンチェスはオフサイドの判定となった。チャンスを作った広島だが、決めきれず、このままスコアレスで前半を折り返す。

 後半に入って最初のチャンスはリーベルだった。48分、右サイドからの鋭いグラウンダーのクロスはゴール前を通過。再びファーサイドからの折り返しが戻ると、中央のロドリゴ・モラがダイレクトでシュートを放つが、クロスバー上に外れた。広島は54分、抜け出したドウグラスがDF2人をかわして右サイドを突破。フリーの皆川が中央にいたが、ドウグラスのクロスは精度を欠き、ファーサイドに流れて得点には繋がらなかった。

 ゴールを奪えず苛立ちを見せるリーベルが先に動く。57分にレオナルド・ポンシオを下げてルイス・ゴンサレスを投入した。広島は61分、柏を下げてミキッチをピッチに送り出す。リーベルは64分、レオナルド・ピスクリチに代えてタバレ・ビウデスを投入。広島は66分、皆川に代えて浅野拓磨を入れて、ゴールを狙う。

 72分、ついに試合が動く。リーベルは右サイドで獲得したFKから、中央で競り合ったこぼれ球をルーカス・アラリオが頭で押し込み、ゴールネットを揺らした。失点を喫した広島は76分、茶島を下げて佐藤をピッチに送り出して同点を狙う。リーベルは85分、ガブリエル・メルカドに代えてカミーロ・マジャダを投入。サビオラの出番は訪れなかった。

 追いつきたい広島は終盤に攻勢を見せるが、同点ゴールは奪えず。試合はこのままタイムアップを迎え、広島は0-1でリーベルに敗れた。

 勝利したリーベルは、20日に行われる決勝でバルセロナ(スペイン)と広州恒大(中国)の勝者と対戦。広島は、同日に行われる3位決定戦で、その敗者と対戦する。

【スコア】
サンフレッチェ広島 0-1 リーベル・プレート

【得点者】
0-1 72分 ルーカス・アラリオ(リーベル)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO