2015.12.15

準決勝を前に自信と充実感を示す柏「広島のサッカーを信じたい」

柏好文
14日の練習に臨んだ広島MF柏好文 [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 サンフレッチェ広島は、16日に行われるFIFAクラブ・ワールドカップ2015準決勝で南米王者のリーベル・プレート(アルゼンチン)と対戦する。試合前日の15日、大阪府内で行われたトレーニング後、MF柏好文が記者団の取材に応えた。

 対戦相手のリーベル・プレートの印象について、柏は「リーベルはやっぱり良い選手がいますよ。映像で見たんですけど、マスチェラーノ2世っていう選手がいましたもん」と、個人能力が高い印象を受けたと話した。

 また、リーベル・プレートの戦術については、「(DFの枚数を)4枚でやるのか3枚でやるのかちょっとわからないですけど、いずれにしてもやっぱり後ろから動かしてくるサッカーなので、サイドを有効に使えるように幅を使って厚みのある攻撃をしたいと思います。相手は(前から)プレスもかけてくるので、前回同様に勇気を持って、ボランチの脇だったり、シャドーを上手く使えれば自分たちの攻撃もできると思う。自信と勇気を持ってやっていこうと思います」と分析し、準々決勝のマゼンベ戦同様に丁寧なビルドアップからの広島らしいサッカーを展開したいと語った。

 洗練された戦術としたたかなゲーム運びを得意とする南米王者のリーベル・プレート。準決勝に向けて柏は、「個はもちろんある、それプラス組織だったり身体能力だけじゃない部分があると思う。格段にレベルは高いと思うのでそういう中でどれだけできるかが個人としても、チームとしても楽しみですね。日本勢が準決勝を突破できていないので、新たな一歩を自分たちの手で勝ち取りたいと思う」と、力強く決勝進出に向けて意気込んだ。

 最後に、「中2日でずっときていますけど、そのきつさよりも充実感や試合をやりたいという気持ちが、僕だけではなく全員にある。身体も問題ないと思いますし、強い精神力や気持ちを持ってピッチに立ちたいと思いますし、出る人は責任を持って広島のサッカーを信じたいと思います」と、南米王者との対戦を楽しみにしていると明かした。

 広島とリーベル・プレートが対戦する準決勝は、16日に大阪長居スタジアムで開催される。試合は19:30にキックオフ予定。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る