2015.12.15

リーベル撃破へ…3戦連発を狙う広島DF塩谷司「勢いを大事にしたい」

塩谷司
14日の練習に臨んだ広島DF塩谷司 [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 サンフレッチェ広島は、16日に行われるFIFAクラブワールドカップ2015準決勝で南米王者のリーベル・プレート(アルゼンチン)と対戦する。試合を翌日に控える15日、大阪府内でトレーニングを実施。練習後、DF塩谷司が記者団の取材に応えた。

 広島は、初戦でオークランド・シティ(ニュージーランド)に2-0で勝利。準々決勝ではアフリカ王者のマゼンベ(DRコンゴ)を3-0で破り、2試合連続の完封勝利でクラブ初のベスト4進出を果たした。

 塩谷は、南米王者との一戦を前に「楽しみです。そういう相手と試合ができることはなかなかないし、自分たちのサッカーを貫き通してどこまでいけるのか、どこまで通用するのか、何が通用して何が通用しないのかがわかってくると思う」と期待を膨らませた一方で、「やっぱり個人の能力は高いと思います。南米の選手は良い選手が多いですし」と個の力を警戒した。

 今年2度目の来日となったリーベルは、8月11日に万博記念競技場(大阪)で行われたスルガ銀行チャンピオンシップ2015でガンバ大阪と対戦し、3-0で快勝。同試合の映像をチェックしたという塩谷は、「そこまで手の届かないほど強いかといったら、そうじゃないのかなと。強いのは強いけど」とリーベルの印象を明かし、「映像で見るのと実際にやるのでは違うと思う。入りからしっかり集中してどういうスピードでやってくるのか、どういうプレーをしてくるのか、身体に慣れさせることが大事」と試合を見据えた。

 さらに、「こういう大会に出て2試合ともゼロに抑えて勝てているというのはチームとして良い状態。守備の意識が統一されている」と守備への自信を明かすと、「個の力では負けているかもしれないですけど、チームとして戦えるのが広島の良さ。個の局面でも負けないようにしないといけないが、組織的にチーム全体で意思統一してやっていきたい」と、広島らしくチーム一丸で勝利を狙うと語った。

 この2試合で連続ゴールを挙げている塩谷は、リーベル相手でも果敢に得点を狙うという。「チャンスがあれば狙っていきたいですし、ゴールが取れているのでそういう勢いも大事にしたい。セットプレーでもチャンスはあると思う。流れの中でもどんどん狙っていきたい」と3試合連続ゴールに意気込んだ。

 広島とリーベル・プレートが対戦する準決勝は、16日に大阪長居スタジアムで開催される。試合は19:30にキックオフ予定。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
28pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る