2015.12.13

広島、クラブW杯で3年越しのリベンジへ…アフリカ王者の壁を破れるか

サンフレッチェ広島
開幕戦は負傷で3人の交代枠を使い切ったが、総合力で初戦を制した [写真]=ChinaFotoPress via Getty Images
サッカーキング編集部

 リベンジへの準備は整った。

 13日のFIFAクラブワールドカップ2015準々決勝でマゼンベ(DRコンゴ)と対戦するサンフレッチェ広島。FW佐藤寿人が「マゼンベをしっかりと倒さなければ意味がない。僕たちはその先を見ている」と語るように、広島にとってアフリカ王者との勝負は3年間の成長を試される一戦でもある。

 初めてJリーグ王者に輝いた2012年、広島は開催国王者としてクラブW杯に出場し、準々決勝でアフリカ王者のアル・アハリ(エジプト)と対戦した。再三のチャンスを作りながらも決定機を生かし切れず、1-2で惜敗。1点ビハインドで迎えた32分に同点ゴールを叩き込んだ佐藤寿は「自分が試合を決める2点目を取れていれば、結果は違っていた」と当時を振り返る。何度も相手DFの背後を突き、あとは“決めるだけ”という場面を作りながら結果を出せず、敗戦の責任を人一倍感じていた。だからこそ今回のマゼンベ戦は「勝利につながるゴールを決めて、次に進みたい」と意気込みを見せる。そして同じくベテランのMF森崎和幸もまたアフリカ王者に敗れ、5位決定戦に回った悔しさが胸に残っているという。「しっかりと勝って、さらにレベルの高いチームと戦いたい。チームのみんなも同じ気持ちだと思うし、どんな形でもいいので勝って先に進みたい」と静かに闘志を燃やした。

 今回対戦するマゼンベについて、佐藤寿は次のように分析する。

「アル・アハリはショートパスをつないでコンビネーションを使うチームでしたが、マゼンベはロングボールをアバウトに入れてくる。フィジカルを生かして、縦に速い動きで前に圧力を掛けてくる印象。(組織的なアル・アハリとは異なり)今回は個の能力でチャンスを作ってくる感じです」

 驚異の身体能力を誇り、スピードとパワーを兼ね備えるマゼンベ。同大会では2010年に南米、ヨーロッパ以外で初めて決勝に進出する快挙を成し遂げた。今シーズンのCAFチャンピオンズリーグでは苦戦しながら、決勝ではUSMアルジェ(アルジェリア)に連勝を収めて、通算5度目となるアフリカ王者の座を獲得した。

 では、大陸屈指の強豪として名を馳せる名門に対して、広島はどう戦うべきなのだろうか。

 キャプテンのMF青山敏弘が「まずは逃げずに戦うこと。相手はハードに来ると思いますが、引いてしまうと相手の思うツボ」と話せば、森保一監督も身体能力の高さを認めた上で「一対一の局面をできるだけ作らないように、作らせないように戦わなければならない」と個の力に警戒心を示した。まずはオークランド・シティ(ニュージーランド)との初戦と同じく、相手にスキを与えることなく守れるかが重要になる。特にカウンター攻撃には細心の注意を払わなければならない。

 そこでカギとなってくるのがセカンドボールへの反応だ。しっかりとボールを収められれば、持ち前の攻撃力を発揮できる。佐藤寿は「映像ではマゼンベのクリアボールがそのままチャンスになるシーンもあったので、後ろからでも自由に蹴らせないことが重要。いかにプレスバックして、セカンドボールをいい形で拾えるかどうか。セカンドボールやルーズボールを拾う回数で相手を上回れるかどうがポイントになってくる」とこぼれ球への反応が勝負の分かれ目になると主張した。

 広島としては初戦で負傷交代したMF野津田岳人とMF柴崎晃誠がともに長期離脱を強いられたことは懸念材料だが、そもそもオークランド・シティ戦では明治安田生命Jリーグチャンピオンシップ決勝から6人を入れ替え、エース佐藤寿を温存していた。選手たちが「2チーム分の戦力がある」と口をそろえるように、選手層の厚さが今季の強さを支えているのは間違いない。森保監督は「これまでも試練や逆境を乗り越えた時に成長できた。新しい選手が活躍してくれると楽しみにしているし、期待のほうが大きい」とポジティブな姿勢を見せた。平等な競争で大きくレベルアップしたチームは今季、Jリーグで歴代最多勝ち点と最多得点をマークして頂点に立った。その結果は彼らに確固たる自信と手応えをもたらしているはずだ。

 世界の舞台で悔しさを味わった3年前のあの日から二度のJリーグ優勝を達成し、自信も経験も上積みした広島。チームとして新たな歴史を刻むためには、アフリカの壁を破らなければならない。この準々決勝を突破すれば、その先には南米王者のリーベル・プレート、さらには欧州王者のバルセロナとの対決が見えてくる。3年前に成し遂げられなかったベスト4進出を目指し、“最強のJリーグ王者”がアフリカ王者とのリベンジマッチに挑む。

文=高尾太恵子

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る