FOLLOW US

守護神として昇格に貢献した中村航輔「実力が結果に表れてよかった」

C大阪戦に出場した福岡GK中村航輔 [写真]=兼子愼一郎

 アビスパ福岡は6日に行われた2015 J1昇格プレーオフ決勝でセレッソ大阪と対戦し、1-1の引き分けで試合を終えた。この結果、レギュラーシーズンの順位で上回る福岡がJ1昇格を決めた。試合後、GK中村航輔が取材に応じている。

 福岡は1点を先行される苦しい展開を強いられたが、87分に中村北斗が値千金の同点ゴールをマーク。その後、C大阪の反撃を凌いでJ1昇格を掴みとった。

「1点取られてしまったのでパフォーマンスには満足していないですけど」とGKとして失点してしまったことを悔やんだ中村航だが、「90分を通して最後に勝てた(昇格できた)ということは非常に満足しています」と結果には満足していると語った。

 同選手は今季、柏レイソルからの期限付き移籍で福岡に加入した。「アビスパの選手としてJ1に昇格するという目標を達成できて良かったと思っています」とチームへの貢献を喜ぶと、「(柏で)ゲームに出れていなかったので、自分の実力の出し方だったりは、出てみないとわからないと思っていた。それは結果にも表れているので良かったんじゃないかなと思っています」と新天地で出場機会を得て結果を残せたことが良かったと述べた。

 またカタール・UAE遠征に臨むU-22日本代表に選出されている中村航はすぐに合宿に合流することとなる。「U22の目標としてはリオの本戦に出ることなので、またピッチ上で結果を出したいと思っています」と意気込みを語ると、代表でも正GKとして出場したいと、強い気持ちを示している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO