FOLLOW US

2年ぶりにJ1制覇を果たした佐藤…CS決勝は「重圧でしかなかった」

優勝シャーレを手にする青山敏弘(左)と佐藤寿人(右) [写真]=Getty Images

 明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ(CS)決勝第2戦が5日に行われ、サンフレッチェ広島ガンバ大阪と対戦し、1-1で引き分けた。この結果、2試合合計スコアを3-2で終え、広島が2年ぶり3度目のJ1リーグ王者に輝いた。試合後、FW佐藤寿人が記者団の取材に応じた。

 2年ぶりに優勝を果たした広島。CSを制してJ1王者に輝いたことについて「最高ですね。年間1位になってこのチャンピオンシップに出場して…正直言ってプレッシャーでしかなかったんですけど、本当にその中でしっかりと2試合トータルで上回った。プレッシャーが大きければ大きいほど喜びも一入って感じがします」と大きな重圧を背負っての戦いだったと告白。それでも「本当に今までで一番のエディオンスタジアムだったと思うので、本当に最高の時間でした」とスタジアムの雰囲気がチームを後押ししてくれたと明かした。

 3度目のリーグ優勝となり、来季からは3つ目の星がユニフォームに加わる。これには「すごく誇りです。でも一気に4つ目に行くチャンスが天皇杯である。みんな欲張りだと思うので。(優勝は)まあ嬉しいですけど、もちろんクラブ・ワールドカップもこの後ありますし、天皇杯もありますし、3つ目、4つ目といけるように。まだまだシーズン終わりたくないな」と残されたクラブW杯と天皇杯でも全力を尽くすと意気込んだ。

 優勝の要因については「本当に全員で勝ち取ったという言葉が相応しいシーズンでした。未知数な中で開幕を迎えて、全員が成長することでチーム力を高めていけるという中でやってこられた。若手もそうですし、中堅もそう。僕たち経験あるベテランもやっぱりそれぞれが成長しなければいけないという思いでやってきた。個の成長なくしてチームの成長はないという部分を実感したシーズンでしたし、ピッチに立った選手、立てなかった選手も含めて全員がやっぱり成長できたと思うので、それがこの3つ目のタイトルにつながった」と年齢や経験に関係なく、全員が役割を認識して成長したことが優勝につながったと振り返った。

 今回の優勝でスタジアム建設の話題も再燃している。「本当にこればっかりは自分たちの力だけではどうしようもないこと。多分、僕が現役の間にはできないと思う」と前置きしつつ「でも本当に今の現役でプレーしている若い選手もそうですし、これから未来のサンフレッチェでプレーする選手に、そういった場を作っていくというのは、いま自分たちに求められているものだと思います」と使命感を感じているという。

 これはチームを率いる森保一監督の積極的な姿勢も大きく影響しているという。「そこまで考えなくてもいいのにって思うくらい監督がもってくれているので、僕もカズ(森崎和幸)もコウジ(森崎浩司)もベテランとしてしっかり発信していきたい」とベテランとしての姿勢を示した。

 広島は10日にクラブW杯でオセアニア王者のオークランド・シティと、26日には天皇杯準々決勝でFC東京と対戦する。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA