FOLLOW US

札幌MF砂川が現役引退を発表…公式戦通算544試合に出場の38歳

現役引退が発表された砂川誠 [写真]=FC岐阜

 コンサドーレ札幌は5日、MF砂川誠が現役を引退すると発表した。

 現在38歳の砂川は、1996年に市立船橋高から柏レイソルに入団。加入当初はほとんど出場機会がなかったが、当時チームを率いていた西野朗監督に実力を評価され、徐々に起用されていった。

 しかし再び出場試合は激減。2003年に札幌へ期限付き移籍した。すると、同シーズンでの活躍が認められ、2004年には期限付き移籍の延長をし、2005年に同クラブへの完全移籍を果たした。そして2007年にはJ2リーグ戦で42試合に出場し、チームのJ1昇格に大きく貢献した。

 その後、クラブは2度のJ2降格を味わうなど苦しい時期を迎えたが、砂川はチームを牽引。12年半にわたって札幌でプレーした。

 今シーズンはFC岐阜へ期限付き移籍をし、10試合に出場した。キャリア通算では、J1で119試合出場7得点、J2では376試合出場34得点、ヤマザキナビスコカップ19試合出場2得点、天皇杯で30試合出場7得点を記録した。

 現役引退にあたり、砂川は札幌公式HPを通じて以下のようにコメントしている。

「今シーズン限りで、プロサッカー選手を引退することになりました。これだけコンサドーレ札幌というチームで長くプレーさせていただいて、今日、たくさんのサポーターのみなさんに囲まれてキャリアを終えられることを、すごく幸せに感じています。去年から長い間リハビリが続き、プロサッカー選手としてできることが限られてきました。なかなか頭と体のギャップを埋めることができなくなり、このままプロサッカー選手を続けていくべきではないと思い、決断をしました。長い間、皆様の声援でなんとかこの年までやってこれました。改めて、コンサドーレが大好きだと感じています。僕がいる間にJ1に定着することはできませんでしたが、来年は絶対昇格してくれると思いますので、ご声援をよろしくお願いします。本当に長い間、ありがとうございました」

 また、同選手は7月から在籍したFC岐阜に向けてもメッセージを送った。

「ケガ明けでなかなか試合に絡む事が出来なかった自分に、ラモス瑠偉監督が声をかけてくださり、素晴らしい仲間達や情熱あるファン・サポーターの方々、FC岐阜を応援してくれるスポンサーの方々と戦えた事はプロサッカー選手として素晴らしい経験でした。FC岐阜に移籍させて頂き改めて思った事は、このチームは残留争いをするチームではないという事です。技術の高い選手、将来が楽しみな若い選手もいます。もっともっと勝てるチームになるはずです。来年以降FC岐阜のさらなる活躍と成功を心から祈ってます。プロサッカー選手として20年の最後にFC岐阜でプレーできた事を、ラモス監督、チームメイト、そしてFC岐阜に関わる全ての人に感謝しています。素晴らしい経験をありがとうございました」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA