FOLLOW US

勝負強さを発揮…同点弾の広島DF佐々木「強みの頭で取れてよかった」

同点ゴールを決めた広島DF佐々木 [写真]=白井誠二

 明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ決勝第1戦が2日に行われ、サンフレッチェ広島は敵地でガンバ大阪と対戦し、3-2で逆転勝利を収めた。試合後、同点ゴールを決めた広島DF佐々木翔がインタビューに応えた。

 後半アディショナルタイムに突入し、G大阪に1点をリードされるなかで迎えたセットプレーのチャンス。MF柴崎晃誠のパスを受けたMF青山敏弘がクロスを上げると、ゴール前に飛び込んだ佐々木が貴重な同点ゴールを奪った。勢いに乗ったチームは後半アディショナルタイム5分にMF柏好文の得点で逆転。敵地で先勝という最高の形で第1戦を終えた。

 決勝点を決めた柏とハイタッチを交わし、喜びを噛みしめる佐々木は「アウェイの試合をまず勝ててよかったです。次はホームで勝って優勝したい」と厳しい戦いをものにできたことにホッとした様子。

 佐々木はヴァンフォーレ甲府時代にチームが残留を争う中で貴重な得点を決めた経験がある。前日会見では「ここ一番での勝負強さには自信がある」と語っていたが、今季はここまでヤマザキナビスコカップでの1点のみ。「今年はなかなか点が取れてなかったので、僕の強みのヘディングで点が取れてよかった」と重要なゴールを決められたことを喜んだ。それでも、「一点とっただけなので、次の試合をしっかりと勝って優勝したい」と第2戦を見据えている。

 また、大阪まで駆けつけたファン・サポーターに向けては「アウェイの地まで足を運んでいただきありがとうございます。次はホームで優勝しましょう!」と力強く優勝を宣言した。

 決勝第2戦は5日に広島のホーム・エディオンスタジアム広島で行われる。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA