2015.12.02

CSアンバサダーの松木氏、第1戦のキーマンは「遠藤保仁と浅野拓磨」

松木安太郎
松木氏ヴェルディ川崎の監督時代にチームをCS初代王者に導いた [写真]=野口岳彦
サッカー総合情報サイト

 年間王者を決めるチャンピオンシップ(CS)決勝の第1戦が12月2日に開催される。今年から11年ぶりに復活した2ステージ制。11月28日の準決勝で浦和レッズを撃破したガンバ大阪と、明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ優勝、年間勝ち点1位のサンフレッチェ広島が対戦する。大一番を前に、CS決勝第1戦の見どころを大会アンバサダーの松木安太郎氏に直撃した。

 松木氏は、まず短期決戦のポイントとして「勢い」を挙げた。もちろん、勢いがあるのは準決勝でファーストステージ無敗優勝の浦和レッズを下して、決勝に勝ち上がってきたG大阪。「昨季は三冠を取り、勝負強さはすでに証明済みです。今年はステージ優勝を逃している分、“挑戦者”としてリラックスしてチャレンジできるでしょう」と語り、経験豊富な点も有利に働くとした。だが、勢いはあれど120分間戦ったダメージは大きく、広島にとっては好材料だ。

 その広島は「私が広島の監督だったら、消耗戦を想定して負荷をかけずに調整するか、練習試合をさせるにしてもどんなチームとするのか……難しいですね」とこの準備期間のコンディション調整がカギだと主張する。シーズンを通した安定感は群を抜いており、「一年を通してフィジカル、メンタルが安定しているからこその年間勝ち点1位。それに、どの選手に話を聞いても勝ち方を知っているし、自分たちの戦い方をしっかりと共有している」と常にチームとして一枚岩になっている広島の強さを改めて強調した。

 そして松木氏は、第1戦のキーワードにG大阪は「ベテラン」、広島は「若手」と対照的な言葉を並べた。

「G大阪はリーグ最終戦も含めて、大事な試合でリズムを変えているのが遠藤保仁です。試合をコントロールしながら周りの選手のリズムを作っていく。それは大事なことですよ。一方で、広島には浅野拓磨がいます。先発で使わなくても良いのは広島の強さだし、それはやっぱり佐藤寿人がいるから。彼らの信頼関係も互いの好プレーに影響を与えています。浅野が残り何分で出てくるか楽しみですね」

 G大阪が昨季三冠王の意地を見せるのか、それとも広島が真の王者となるのか。最後に、松木氏はアンバサダーとして「サッカーを熟知しているサポーターの方々は、好きなチームや選手を、好きな視点で見て、一生懸命応援してください。その応援でチームに勢いが生まれるし、選手も自信を持ってプレーができるでしょう。今回初めて観戦するファンの方々は、好きな選手を応援しても良いし、好きな色で応援するチームを決めてもらっても良い。ぜひ、みなさんに楽しんでほしいです」とメッセージを送った。

 今季を締めくくる真剣勝負が目前に迫っている。CS決勝第1戦は、12月2日にTBS系列で19時から完全生中継する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る