2015.11.30

横浜FM年間チケ購入者、約6千名の個人情報含むPCが盗難に…ぴあ社員宅に窃盗犯侵入

サッカー総合情報サイト

 横浜F・マリノスは30日、同クラブがチケットサービス業務を委託運営している「ぴあ株式会社」において、先週末チケット購入者の個人情報が含まれたノートパソコン1 台が盗難に遭ったことを発表。謝罪とともに経緯及び対応について報告した。

 盗難は27日深夜に発生。ぴあ社員宅に窃盗犯が侵入し、自宅に持ち帰っていた業務用ノートパソコンの入った鞄が盗難被害に遭った。事件後、所轄警察署に通報し、現在も捜査中だが、同社員宅敷地内で鞄が発見されたものの、ノートパソコン、現金については抜き取られ、その所在の確認、回収には至っていないとしている。

 盗まれたノートパソコンには横浜FMの2015年、年間チケットを購入した一部の個人情報、5864件がデータとして入っており、会員IDや氏名、住所などが含まれている。なおクレジットカード番号などの決済情報は含まれておらず、盗まれたノートパソコン上でデータを閲覧する際には3段階でパスワードの入力が必要と説明している。

 また、ぴあ株式会社の個人情報管理に関する社内規定では、個人情報のパソコンへの継続保存、持ち出しを禁止しており、業務用パソコンに個人情報検出ツールをインストールし運用しているが、担当者の不注意により削除されないまま、ノートパソコンを持ち帰っていたこと、および盗難の発覚直後に、当該ノートパソコンからぴあ社内サーバーへのアクセスを拒否する措置を講じたことを併せて報告。

 クラブは、「本件該当のお客様に対しましては、かかる経緯と今後の対応について、ダイレクトメール及びEメールにてご連絡、お詫びを申し上げて参ります。また、所轄警察への捜査協力を通じて、ノートパソコンの捜索に全力を尽くして参ります。横浜F・マリノスといたしましては、社内におけるお客様情報のお取り扱いにおいて、使用者の限定と認証、使用端末の限定、システム利用履歴の記録を行っておりますが、業務委託先においてこのような事態が発生いたしましたことを重く受け止め、サービス運営上の情報セキュリティの確保、及び個人情報保護に関して、業務委託先での管理・運営体制の点検、強化を図り、再発防止に努めて参ります。また、盗難に遭ったノートパソコンの所在及び個人情報の流出について、今後も継続して調査及び監視を行うとともに、本件の対策と新たな再発防止策の検討を速やかに実施していく所存です」と、今後の対応について発表している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る