2015.11.29

1年でのJ1復帰目指すC大阪、ドローで決勝進出…愛媛は一歩及ばず

サッカー総合情報サイト

 2015 J1昇格プレーオフ準決勝が29日に行われ、セレッソ大阪と愛媛FCが対戦した。

 1年でのJ1復帰を目指すC大阪と初のプレーオフ進出を果たした愛媛。今季のリーグ戦では1勝1敗の五分という結果に終わっている。リーグ戦を4位で終えているC大阪は、引き分け以上で決勝進出。同5位の愛媛は勝利が絶対条件となる。

 最初にチャンスを作ったのはC大阪。4分、右サイドの田代有三、関口訓充とつなぎ、最後は山口蛍がミドルシュート。しかし、ここはGK児玉剛が正面でキャッチした。

 一方、愛媛もゴールに迫る。12分、瀬沼優司のキープから小島秀仁がシュート。一度はブロックされたが、再び2次攻撃を仕掛ける。瀬沼の折り返しを近藤貴司が詰めにいったが、ここはDF田中裕介にブロックされてしまった。

 C大阪は前半終了間際に決定機を迎える。40分に左CKを獲得すると、関口がクロスを入れる。これをニアの茂庭照幸がヘディングシュート。相手DFに当たったこぼれ球を田代が狙ったが、ここはGK児玉がなんとか止めて得点を許さない。このままスコアレスで前半が終わる。

 愛媛は59分に近藤を下げて白井康介を、64分に藤田息吹を下げて安田晃大を投入した。一方、C大阪は68分に楠神順平を下げてパブロをピッチに送り込んだ。

 70分、C大阪は玉田圭司の突破からチャンス。エリア内左からのクロスを田代が合わせてネットを揺らしたが、玉田がクロスを上げた時点でゴールラインを割っていたと判定され、ゴールは認められなかった。

 続く75分、左サイドからパブロが前線にパスを送ると、エリア内左に抜けだした田代がGKと一対一となる。しかし、田代のシュートはゴール左に外れてしまい、ゴールを奪うことができない。

 後半アディショナルタイム2分、愛媛がショートコーナーからチャンスを作ったが、最後はC大阪の必死の守りにゴールを割ることができない。このまま0-0のスコアレスドローに終わり、年間順位で上位のC大阪が決勝進出を果たした。C大阪は2014年11月29日にJ2降格が決まった。それからちょうど1年で、J1復帰に大きく近づいた。

 12月6日にヤンマースタジアム長居で行われる決勝では、アビスパ福岡とC大阪が対戦する。

【スコア】
セレッソ大阪 0-0 愛媛FC

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る