FOLLOW US

来季初のJ2に臨む清水、新監督に“昇格請負人”小林伸二氏が就任

清水エスパルスの監督に就任した小林伸二氏 [写真]=Getty Images

 清水エスパルスは25日、来季の監督に小林伸二氏が就任することを発表した。

 就任に際し、小林氏はクラブを通じて以下のようにコメントしている。

「このたび、清水エスパルスの監督というすばらしい仕事をいただき、大変感謝しているとともに、サッカーどころである清水、静岡のチームを率いる厳しさに身が引き締まる思いです。これまでの私自身の経験を活かしながら、選手たちと一緒にさらに成長させていきたいと考えております。来季の厳しい戦いに向けて全身全霊を尽くし、皆様のお力もいただきながら、まずは1年でのJ1復帰を目指します。今後ともご声援をよろしくお願いいたします」

 また、左伴繁雄代表取締役社長は以下のようにコメントしている。

「来季J2での厳しい闘いを勝ち抜くためには、J2クラブでの在籍や指導経験が豊富であり、戦い方を熟知している方でなければいけないと考え、小林伸二氏にお願いすることを決定いたしました。小林新監督のもと戦闘意欲を高め、ハードワークするチームを再構築し、選手、スタッフ、フロントが一丸となってJ1への復帰を目指します。皆様のご支援、ご声援を引き続きよろしくお願いいたします」

 現在55歳の小林氏は、マツダサッカークラブ(現サンフレッチェ広島)でプレーし、1990年に現役を引退した。91年からは同クラブコーチを務め、93年に広島ユースの初代監督に就任した。その後は大分トリニータセレッソ大阪モンテディオ山形徳島ヴォルティスなどで監督を務め、計3度のJ1昇格を達成している。

 今季の清水は2015明治安田生命J1リーグで年間17位に終わり、クラブ史上初のJ2降格となった。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA