2015.11.23

J3得点王に輝いた山口FW岸田和人「J2、J1で点を取ってこそ」

J3得点王に輝いた山口FW岸田。鳥取戦でも貴重なゴールを挙げた [写真]=瀬口陽介
サッカー総合情報サイト

 明治安田生命J3リーグ最終節が23日に行われ、レノファ山口FCが優勝とJ2昇格を果たした。試合後、FW岸田和人が取材に応じ、喜びを語っている。

 2位のFC町田ゼルビアと勝ち点で並ぶものの得失点差で大きく上回る山口は、勝てば優勝という状況でガイナーレ鳥取と対戦。開始早々に先制点を奪われると、62分に岸田のゴールで追いついたが、10分後に再び勝ち越されてしまう。それでも96分、途中出場のMF平林輝良寛が劇的な同点ゴールを決め、試合は2-2で終了。同時刻に行われた試合で町田が引き分けに終わったため、山口のJ3制覇が決まった。

「率直にうれしいです」と話し始めた岸田は、「サポーターのみなさんのおかげで最後のゴールが入ったと思いますので、アウェーの地なのにホームのように出迎えてくれて、応援してくれて、ファン・サポーターの声援がなければ1-2で負けていたと思います。キヨ(平林)さんが難しい時間に入ってあのようなゴールを決めてくれましたけど、あのゴールはサポーターのおかげだと思っています。山口県で応援してくれている人が遠い鳥取まで来てくれました。優勝できたのは本当にサポーターのおかげです」と試合を振り返り、劇的ゴールはアウェーの地まで駆けつけたサポーターのおかげで決まったと、感謝を表した。

 岸田はこの日の得点で今季のゴール数を「32」に伸ばし、2位に大差をつけて得点王に輝いた。「得点王は取りましたけど、こういう難しい試合の中で得点を取れるFWこそストライカーだと思うし、J2、J1でやった時に、難しい試合で得点を取ってこそだと思います。そこを目指してしっかりと練習を頑張ってやっていきたいと思います」と、来季戦うJ2、そして目標とするJ1の舞台でもゴールを挙げたいと意気込んでいる。

 また、ゴールを喜ぶ際、自分の胸を指差したときの気持ちを聞かれると、「正直覚えていないんです。無意識でやっていたと思います。(得点シーンは)早い時間帯で失点してしまい苦しい時間帯の中でした。DF陣は立ち上がりこそうまく入れませんでしたが、そのあとはいい守備をしてくれて、前へつなげてくれました。そんな中で得点を取れずにいたので、取れてうれしかったです」と、思いを明かした。

 そして最後に、「守備は強化しなくてはいけないと思いますが、今やっている攻撃的なサッカーは監督も変えないと思います。僕自身も攻撃の選手ですから、そこを変えられると良さが消えてしまうので、変えないと思います。J3で戦ったこのサッカーがどれだけ通用するか分かりませんが、J2でどれだけできるか楽しみでもあるので、レベルアップしてオフシーズンからいい準備をして、開幕を迎えたいと思います」と来季に向けて語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る