FOLLOW US

【予想スタメン】J1最終戦は横浜FMと対戦…「天国のマツさんに」と松本が必勝を誓う

J2降格となった松本は来季につなげる白星を狙う [写真]=Getty Images

横浜F・マリノス CS出場の可能性消えるも「目的を持って戦う」

 前節の鹿島戦で連勝が「3」でストップした横浜FM。惜しくもチャンピオンシップ進出の可能性がなくなり、14日の天皇杯では4回戦神戸戦を0-1で落として敗退が決まった。松本戦は今季の最終戦となる。勝てば年間勝ち点5位浮上の可能性もある一戦で、「目的を持って戦う」と語るエリク・モンバエルツ監督の就任1季目を白星で締めくくりたい。

 鹿島戦は中盤でボールを失い、相手の速い攻撃で2失点を献上。主導権を握れずに完敗した。神戸戦では多くの決定機を得たが、今度はシュートの精度を欠いてノーゴールだった。公式戦2試合連続無得点を受け、指揮官は「今週の練習の焦点はフィニッシュです」と強調。鹿島戦前までリーグ戦は8勝2分と好調だったこともあり、選手も自信を失ってはいないはずだ。

 10月の月間MVPを受賞した中村俊輔や、齋藤学アデミウソンが並ぶ攻撃陣は相手の脅威である。負傷していた中町公祐と、来季の入団が決まっている特別指定選手の富樫敬真も合流。両者がベンチ入りする可能性が出てきたのは明るい話題だろう。前節でJ2降格が決まった松本には、1stステージで3-0で完勝。守備ラインの裏を狙ってくる相手の攻撃を、中澤佑二とファビオの両CBがしっかり跳ね返し、ホーム最終戦でのゴールラッシュに期待したい。(totoONE編集部)

■横浜FM
4-2-3-1
GK
飯倉大樹
DF
小林祐三
中澤佑二
ファビオ
下平匠
MF
兵藤慎剛
三門雄大
アデミウソン
中村俊輔
齋藤学
FW
伊藤翔

松本山雅FC 負傷者多く寂しい台所事情、選手たちのメンタル面も未知数

 前節は神戸に逆転負けし、J1残留の望みが断たれた。疲弊した終盤に失点してしまう悪癖が、土壇場でも露呈しての黒星。14日の天皇杯4回戦でも仙台に1-2で敗れており、これで公式戦4連敗と苦しい状況となっている。

 さらに、リーグ戦全試合に先発していた岩上祐三が右距骨軟骨損傷で手術のため離脱。神戸戦でキム・ボギョンが、仙台戦では大久保裕樹がそれぞれ負傷したほか、故障のオビナも全体練習に復帰できていない。台所事情はまさに満身創痍だ。練習中の雰囲気は決して暗くないように見えるが、J2降格の失意から全員が立ち直れているかは未知数。古巣対決となる田中隼磨も「ネガティブにならずに練習に取り組めてはいるが、このチームを降格させてしまった責任が頭から離れない」と複雑な胸中を明かす。横浜FMとの前回対戦時は0-3で完敗しており、分が悪い勝負となりそうだ。

 プラス材料は急性肺損傷で離脱していた工藤浩平の復帰か。運動量豊富なテクニシャンがピッチに戻ったことにより、攻守両面での活躍が期待できそう。京都時代から勝手を知る安藤淳と並ぶ形で、インサイドハーフで起用されると見られる。「J1最終戦」となる今節に挑む横浜FMは、2011年に急逝した松田直樹さんをめぐって縁深い相手。来季につなげるためにも白星を挙げたいところで、鐡戸裕史は「天国でマツさんも見ていると思う。勝ち点3を取って終わりたい」と力を込めている。(大枝令)

■松本予想スタメン
3-1-4-2
GK
村山智彦
DF
酒井隆介
飯田真輝
喜山康平
MF
岩間雄大
田中隼磨
工藤浩平
安藤淳
那須川将大
FW
ウィリアン
前田直輝

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA