FOLLOW US

チーム一丸で勝ち取ったJ2優勝とJ1復帰…大宮・渋谷監督「選手たちに感謝」

J2優勝を果たした大宮アルディージャ [写真]=瀬藤尚美

 2015明治安田生命J2リーグ第41節が14日に行われ、大宮アルディージャ大分トリニータが対戦。首位の大宮は、NACK5スタジアム大宮で3-2の逆転勝利を収め、J2優勝と来季J1昇格を決めた。

 試合は前半をスコアレスで折り返すと、後半に入って49分に大宮がオウンゴールを献上。先制を許したわずか5分後の54分にも失点を喫し、後半の立ち上がりに2点差をつけられる苦しい展開となった。

 だが、今節すでに2位のジュビロ磐田がスコアレスドローで終了したため、勝利すれば1位が確定する状況。なんとしても勝利が欲しい大宮は諦めなかった。フル出場を果たしたDF河本裕之も試合後、「気分的には結構落ちましたけど、みんなで『やるしかない』と思ってやれました」と振り返り、チームが奮起した様子を明かした。

 すると、大宮は69分に反撃の狼煙を上げる。右サイドからのクロスが上がると、相手DFのクリアボールをゴール前のムルジャが胸トラップから右足を振り抜き、ゴール左隅に突き刺した。さらに81分には、左サイドからクロスボールのこぼれ球を、再びムルジャが押し込んで同点。これには、チームを率いる渋谷洋樹監督も「あの1点目は全員に力と勇気を与えてくれた。本当に後押ししてくれたことが、2点目のゴールにつながったと思う」と絶賛した。

 さらに、「最後まであきらめないで、今年の象徴なのかなと思います」と渋谷監督が語るように、チームの勢いは止まらなかった。87分、ムルジャがペナルティエリア内で倒されPKを獲得。「チームメートにボールを渡された」と明かした家長昭博が、左足で丁寧にゴール左へ蹴り込み、ついに逆転に成功した。「1年間戦ってきて支えてもらった仲間なので、ベンチ外の選手もいるだろうし、大宮に関わっている人すべての想いは知っていた。その想いの中でPKを蹴らしてもらったので、蹴った後はみんなのところに行きました」と、想いを背負った家長は喜びをチームみんなと分かち合った。

 終了間際に奪った逆転ゴールを守り切り、大宮は待望のホイッスルを迎えた。J2優勝と1年でのJ1復帰が決まったその瞬間、スタジアムは歓喜に包まれた。チームが低迷していた昨季途中から指揮を執ったものの、残留を導けなかった渋谷監督は、「私自身の失敗が招いたことなので、それを選手たちがしっかりカバーしてくれて今年目標に掲げた『J2優勝』、『J1昇格』を選手たちが成し遂げてくれた」と選手たちを称賛。「自分自身も優勝は格別にうれしく思います。選手たちが何回も一丸となってやってくれたのが、こういう結果に結びついたと思う。選手たちに感謝します」とチームで勝ち取った優勝と昇格を喜んだ。

 “チーム一丸”を喜んだのは指揮官だけではなく、選手たちも同じだった。決勝点を挙げた家長は、「やっぱりいいプレーをしてもチームが勝てないと評価されないと思うし、いいプレーをしながらチームが結果を出すことを今年の目標としていました」と明かすと、「大宮が強くなっていくために今年はやろうと思いました」とチーム最優先の1年だと振り返った。

 全得点に絡んだムルジャも、「昨年降格した瞬間のことを正直覚えていない。昨年ここで降格が決まってしまったわけで、みんな全体で泣いて悲しんだ」と昨季の悔しさを振り返ると、「同じスタジアムで同じ季節に昇格を決めたことのほうが、あの時よりも喜びの感情がずっとずっと大きいです」と喜びを表現。2ゴールを挙げたことで、得点ランクトップの磐田FWジェイ(20得点)にあと1ゴールと迫ったが、「前の選手が点を取るというのは周りの選手の助けがあって初めてゴールは生まれるもの。だから、個人的にもすごくうれしいんだけど、それはチームみんなの頑張りの結果として、最終的に決めているだけ。得点もそうですし、今日の結果もチームみんなで到達した結果ですから、優勝、昇格についてもチームメートみんなに感謝しています」と、チームみんなで決めたゴールだと強調した。

 最短での復帰を決めて、来季はJ1へと挑戦の場を戻す大宮。渋谷監督は「大宮アルディージャはビッククラブに慣れるだけの素質があると思う。サッカーの内容もそうですし、クラブ、フロントが一体となってこれからやっていきたいと思います」と語り、チームだけではなくクラブ一丸となり、新たな一歩を踏む出す決意を明かした。

 大宮は、23日に行われる最終節でツエーゲン金沢と敵地で対戦する。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO