2015.11.08

首位大宮、ドローでJ1復帰へ足踏み…昇格は次節以降に持ち越し

サッカー総合情報サイト

 2015明治安田生命J2リーグ第40節が8日に行われ、カマタマーレ讃岐と大宮アルディージャが対戦した。

 首位の大宮はこの試合で勝点を獲得し、2位ジュビロ磐田と3位アビスパ福岡の結果次第でJ1への自動昇格が決まる。一方、自力での残留を目指す讃岐は首位相手に勝ち点を獲得したいところだ。

 開始早々の6分、大宮はセットプレーのこぼれ球をエリア内のムルジャが拾って右足シュート。しかし、ここはGK清水健太にキャッチされてしまう。スコアが動いたのは31分、カルリーニョスがエリア外から強烈なミドルシュートを放つと、GK清水がキャッチしきれず、こぼれ球をムルジャが押し込んだ。

 一方、自力で残留を確定させたい讃岐も反撃に出る。54分、左CKのこぼれ球を右サイドの仲間隼斗がクロスを送ると、ゴール前に上がっていた高橋祐治がヘディングシュート。これがゴールネットを揺らし、讃岐が同点に追いついた。

 試合終盤は徐々に大宮が攻めこむ時間が増える。87分にはカルリーニョスが上げたクロスから途中出場の清水慎太郎がヘディングシュート。しかし、ここはGK清水がビッグセーブで弾き出した。

 すると讃岐もビッグチャンスを迎える。89分、左CKの流れから、途中出場の木島徹也が前線にスルーパス。エリア内右に抜けだした仲間が右足シュートを狙ったが、ここは大宮の菊地光将がなんとか戻ってブロックした。

 後半アディショナルタイム3分、大宮は右サイドからクロスが上がると、ゴール前の清水がボレーシュート。しかし、ここはクロスバーに阻まれ、勝ち越しゴールは生まれない。このまま1-1のドローに終わった。また、同日行われたザスパクサツ群馬対福岡の試合は、福岡が4-0で快勝。この結果、大宮のJ1昇格は次節以降に持ち越された。

 次節、讃岐はFC岐阜と、大宮は大分トリニータとそれぞれホームで対戦する。

【スコア】
カマタマーレ讃岐 1-1 大宮アルディージャ

【得点者】
0-1 31分 ムルジャ(大宮アルディージャ)
1-1 54分 高橋祐治(カマタマーレ讃岐)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
群馬
51pt
Jリーグ順位をもっと見る