FOLLOW US

【予想スタメン】本拠地ベアスタではリーグ戦約7カ月勝利なし…鳥栖はホーム最終戦を白星で飾れるか

鳥栖はホームでは1stステージ第5節以来勝利がない [写真]=Getty Images

サガン鳥栖 残留争いから脱出、のびのびとしたプレーで鳥栖らしさを出せるかが勝利へのカギ

 前節を開幕戦以来となる逆転勝ちで勝利し、J1残留を決めた。残留争いに巻き込まれたプレッシャーからか、鳥栖らしさを出せない試合もあったが、残留が決まっている今節は、のびのびとプレーできるはず。ホームのベスト・アメニティスタジアムでは1stステージ第5節の山形戦以来勝っていないが、それがこのホーム最終戦に向けた選手たちのモチベーションを上げている。

 1stステージの仙台戦では0-5という大敗を喫したが、これがJ1リーグの対仙台戦で初の敗戦。J1リーグでの対戦成績は3勝3分1敗とリードしており、ホームでは負けなし。この相性の良さを生かしたいところ。日本代表に選出されたGK林彰洋は、「かなりの意気込みで臨みたいと思っています。あの大敗が目覚めさせてくれたと思っているので、しっかりリベンジしたい」と力強く話した。そして、「(今季の)集大成を見せたい」と続けた。

 U-22日本代表候補との練習試合ではサブ組が0-7で敗れ、キャプテンの藤田直之が負傷して戦線から離脱することになったが、チームへの影響は少ない。むしろ、前節で途中出場した豊田陽平が2得点に絡んで復調をアピールするなど明るい材料の方が多い。サポーターにホームで久しぶりの勝利をプレゼントすることを気負うのではなく、鳥栖らしく相手より走り、球際で激しく戦うことを意識すれば勝利に近づける。(荒木英喜)

■鳥栖予想スタメン
3-4-2-1
GK
林彰洋
DF
菊地直哉
丹羽竜平
谷口博之
MF
吉田豊
高橋義希
岡本知剛
キム・ミヌ
水沼宏太
早坂良太
FW
池田圭

ベガルタ仙台 攻守のバランスが整わないことが課題

 仙台は前節の結果をもってJ1残留が決まった。残り試合でのモチベーションが気になるところだ。しかし、前節のG大阪戦ではホーム最終戦で勝利する姿をサポーターに見せられなかったこともあり、残り試合で少しでも順位を上げて、熱い声援に応えたいところだ。

 仙台がなかなか連勝できない原因の一つが、攻守のバランスがあまり整わないところがある。そのバランスを調整するポジションであるボランチでは、富田晋伍の相棒を務める選手が最近は定まっていない。キム・ミンテ武井択也など複数の候補がいる中から、ベストのバランスを見出せる選手を渡邉晋監督は選べるか。U-22韓国代表に選出されたキム・ミンテが、現状では一歩リードか。

 また、負傷でここ2試合を欠場した金園英学が復帰できるかどうかも、気になるところ。前節から2週間が空いた中で回復し、力強いランニングやシュートを見せられるか。前線では2試合連続ゴール中のハモン・ロペスが好調だが、奥埜博亮山本大貴に加えて、もう一枚の決め手が欲しい。

 しかし、定まらないポジションがあるということは、競争が激しいということでもある。10月中旬に、リーグ戦と天皇杯をターンオーバーで戦って連勝した効果といえる。チームに緊張感をもたらし、全体のレベルを底上げする効果を期待したい。

 ベアスタではJ2時代の2008年J2第25節以来勝利がない仙台だが、14日の天皇杯4回戦に向けた勢いをつかむためにも、勝ち点3を目指す。(totoONE編集部)

■仙台予想スタメン
4-4-2
GK
六反勇治
DF
菅井直樹
渡部博文
石川直樹
二見宏志
MF
金久保順
キム・ミンテ
富田晋伍
梁勇基
FW
奥埜博亮
ハモン・ロペス


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO