2015.10.25

上位対決で輝きを放った槙野智章、“真の目標”達成に向けラストスパート

槙野智章
槙野(左から三番目)が得意の攻撃参加で存在感を発揮した [写真]=瀬藤尚美
学生時代から全国のスタジアムへ通い続けてきた経験と人脈を生かして、Jリーグを取り巻くピッチ内外のネタを探り続ける。

 狙いどおりの“アシスト”、そしてイメージどおりのゴール。浦和レッズの日本代表DF槙野智章が、FC東京との上位対決で大きな輝きを放った。

 24日に行われた2015明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第15節、1stステージ制覇ですでにJリーグチャンピオンシップ出場を決めている浦和が、年間3位につけるFC東京とのアウェーゲームに4-3で激勝。3バックの左ストッパーとしてスタメン出場した槙野は得意の攻撃参加で抜群の存在感を発揮した。

 まずは11分、最終ラインからのロングパスで柏木陽介の先制ゴールを導き出した。後方でボールを回していた浦和は、最終ラインに下がった阿部勇樹が左へ横パスでつなぐと、これを槙野が右足ダイレクトで前方に狙い澄ましたロングパス。「昨シーズンから練習でやってきた形。今年もJリーグで何本も狙ってきた」(槙野)というパスに宇賀神友弥が抜け出し、左サイド深くからクロス。相手GKが弾いたところを柏木が左足で蹴り込んで浦和が貴重な先制点を奪った。槙野は「(ああいう形のパスは)通っていてもクロスが合わずに失敗していたので、ゴールにつながるプレーになったのは初めて。だから僕と宇賀神にとっては一年間やってきた成長の証が出た」と絶妙のロングスルーパスを満面の笑みで振り返った。

 62分には鮮やかなパスワークからファインゴールを叩き込んだ。左サイドからドリブルで持ち上がって縦パスを出すと、武藤雄樹、ズラタンとワンタッチでつないだボールを再び受け、右足のインフロントでニアサイドを打ち破った。まさに流れるようなビューティフルゴール。そのフィニッシュを担った槙野は「いつもだったら『ズドン』と蹴るのが僕なんで、コントロールシュートは珍しい」と笑ったが、「冷静に相手DFやGKの動きが見えた。次の選択、次のシーンが自分でイメージできた中でのプレー。阿部さんからボールをもらった時に、武藤に預けて、3人目の動きでもらうイメージができていた」という。まさに本人としては“してやったり”の形だ。ちなみにこのファインゴールには、この試合を視察に訪れていた日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督も「スペクタクルなゴール」と絶賛。指揮官の評価を聞いた槙野はうれしそうな表情を浮かべていた。

 その一方で、もちろん3失点を喫したことは反省材料だ。一時は自身のゴールで4-1とリードを広げながら、1点差に迫られ、最後はGK西川周作のファインセーブ連発に助けられて勝ち点3を守り切った。だが、槙野はその中でチームの成長も感じている。ミックスゾーンでは「これが浦和のサッカーですよ。お客さんが3万8000人も入ったから、4-1で終わるよりも4-3で終わったほうが面白いでしょ?」と冗談めかして切り出したが、「4-1になったところで、どこかチームに緩みが出たのは正直あったし、しっかりゲームを終わらせるためのプレーや前向きな気持ちを出さなければいけなかった」と気持ちを引き締め、「最後まで我慢して守れたことは評価できると思いますし、あの状況で残り5分を耐えられたことは成長の証」と昨年までのチームを引き合いに出した。

 FC東京戦を前に、チームに一つの分岐点が訪れていた。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督が選手たちのプレッシャーを解き放ち、原点に戻って“浦和らしさ”を取り戻させていたというのだ。

 昨シーズンの終盤、リーグ戦で首位を独走していた浦和は、第32節でガンバ大阪との直接対決に敗れ、続く第33節ではサガン鳥栖とアウェーで1-1のドローに終わり、最終的に大逆転で優勝を逃していた。そして今シーズンも2ndステージ第13節で鳥栖とホームで引き分け、続く第14節でアウェーでG大阪に敗戦。順序やホーム&アウェーが逆だったとはいえ、同じような展開に嫌なムードが漂い始めていた。そこでペトロヴィッチ監督が声を掛けた。

「我々は年間で最も多く勝ち点を取ったとしても、チャンピオンではない。すでにチャンピオンシップに出場することは決まっている。思い切って自分たちのサッカーをしよう。必要以上に力んだり、プレッシャーを感じてプレーするのはやめよう」

 ペトロヴィッチ監督はFC東京戦後の記者会見で「今日のゲームではそれができた」と喜びを隠さなかった。そして選手たちも監督の言葉で自分たちを取り戻すことができたという。

「先週、チームのみんなで『自分たちは今から全敗してもチャンピオンシップに出られる』と再確認しました。それだけの余裕を持ってサッカーを楽しむことが必要なんじゃないかと。鳥栖と引き分け、G大阪に負けて、昨シーズンと同じような状況になっていた。だからチームに危機感を持たせるために、自分たちがやらなければいけないことをしっかり捉え、監督が求めることをピッチ上で表現するための意思疎通を図るために、非常にいい時間をみんなで共有できた。それが今日の試合にとってもいいプラス材料になったと思う」

 この日の勝利で浦和の年間2位以内が確定した。だが、あくまで彼らの目標は年間王者でしかない。現時点では年間勝ち点で並ぶ広島に得失点で10差をつけられているが、まずは残り2試合で勝ち点を積み上げて年間順位でトップに立ち、チャンピオンシップ決勝へのシード権と同第2戦でのホーム開催権利を得たいところ。リーグ戦に関しては“果報は寝て待て”ということだろう。槙野も「得失点で(サンフレッチェ広島と)大きく差が開いているので、もちろん巻き返すことも必要だと思いますけど、まず自分たちにできることは勝ち点3をしっかり取ること。残り2試合、しっかりやります」と着実な歩みを誓った。

 堅守速攻を身上とするFC東京から4点を奪い、最後は粘り強く耐えてもぎ取った勝ち点3。それはチームとして、個人として、継続して取り組んできた内容が実った一勝だった。昨シーズンの悔しさがあるからこそ、1stステージの無敗優勝を勝ち得たはずだ。本当に重要になるのは、これからの戦いに他ならない。浦和レッズと槙野智章が大きな勝利を手に、リーグ戦残り2試合、そして真の目標であるJリーグチャンピオンシップ制覇に向かってラストスパートを仕掛ける。

文=青山知雄

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
82pt
長崎
77pt
福岡
73pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
57pt
秋田
55pt
沼津
54pt
Jリーグ順位をもっと見る