2015.10.24

広島のチャンピオンシップ出場が決定…甲府に快勝で年間3位以上確定

サッカー総合情報サイト

 2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第15節が24日に行われ、ヴァンフォーレ甲府サンフレッチェ広島が対戦した。



 ここ3試合無失点の負けなしで年間11位につけるホームの甲府。今節を入れて降格圏との勝ち点差が「9」のため、引き分け以上で3年連続の残留が決定する。対して広島は、前節の川崎フロンターレ戦で劇的勝利を収め、浦和レッズガンバ大阪に敗れたため、年間首位に返り咲いた。今節、甲府に勝利するか、勝ち点差「8」で年間4位のG大阪がベガルタ仙台と引き分け以下に終われば、広島の年間3位以内が確定し、チャンピオンシップ出場権獲得となる。

 また、甲府MFマルキーニョス・パラナが先発出場でJ1通算100試合出場を、広島GK林卓人がJ1通算200試合出場を達成。5試合無得点が続く広島FW佐藤寿人は、あと1ゴールに迫るJ1通算最多得点記録(157)に期待がかかる。

 試合は、甲府が前線にバレーを残して堅守を見せる一方で、広島が主導権を握る。15分、広島の先制で試合が動く。最終ラインからのロングパスを左サイドの清水航平がダイレクトで折り返す。このボールにペナルティエリア手前のドウグラスが左足のダイレクトボレーを放ち、ゴール右隅に突き刺さした。

 30分、広島が追加点を奪う。右サイドを突破したミキッチがクロスを供給。中央には佐藤がいたが、その前にGK河田晃兵が弾き出す。左サイドでこぼれ球を拾った清水がダイレクトで折り返すと、中央で混戦に。最後は、エリア内左でセカンドボールに反応した清水が、右足を振り抜き、相手GKの股の間を抜いて、ゴールネットを揺らした。清水は2012年以来、3シーズンぶりのゴールとなった。前半は広島の2点リードで折り返す。

 後半に入って、甲府も攻めの姿勢を見せる。58分、右サイドを突破した阿部拓馬が折り返しを入れる。中央のバレーがニアサイドに飛び出すが、広島DFに詰められて、合わせることができなかった。甲府は64分、土屋征夫に代えて伊東純也を投入。広島も佐藤を下げて、浅野拓磨をピッチに送り出す。佐藤は6試合連続ノーゴールとなった。

 74分、甲府は下田北斗からのパスに、バレーが反応しシュートを放つが、枠を捉えられない。広島は80分にミキッチを下げて、昨季まで甲府に所属していた佐々木翔を投入した。

 このまま試合終了のホイッスルを迎え、広島が2-0の勝利で2連勝。セカンドステージと年間での首位の座をキープし、さらに年間3位以上確定でチャンピオンシップ出場を決めた。一方、敗れた甲府は、4試合ぶりの黒星となった。

 また、年間2位の浦和は年間3位のFC東京に4-3で勝利。この結果、残り2試合でFC東京との勝ち点差が「9」、25日に試合を行うG大阪が勝利しても勝ち点差は「8」のため、広島の年間2位以内が確定した。一方の甲府は、降格圏内の年間16位・松本山雅FCが敗れたため、勝ち点差「9」となり、3年連続の残留が決定した。
 
 甲府は次節、11月7日に敵地で名古屋グランパスと対戦。広島は、同日にG大阪とのアウェーゲームに臨む。

【スコア】
ヴァンフォーレ甲府 0-2 サンフレッチェ広島

【得点者】
0-1 15分 ドウグラス(広島)
0-2 30分 清水航平(広島)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
85pt
マンチェスター・C
83pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
大分
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
19pt
山形
18pt
大宮
17pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る