FOLLOW US

【予想スタメン】崖っぷちの松本が鳥栖と激突…ホーム最終戦でJ1残留に望みをつなげるか

今節の結果次第ではJ2降格の可能性もある松本 [写真]=Getty Images

松本山雅FC 今夏加入のブラジル人FWウィリアンが上り調子、主力の穴を埋められるか

 松本はいよいよ瀬戸際に立たされた。前節の新潟戦で硬さが取れないまま0-2で敗れ、ホーム最終戦となる今節の結果次第ではJ2降格の可能性も。反町康治監督は「最初から大一番だと思ってやっている。(今節も)いつも通りだ」と繰り返し強調するが、崖っぷちの状況でピッチに送り出された選手たちのパフォーマンスがどうなるかは未知数。メンタル面のコントロールがカギを握ることは間違いない。

 さらに、この苦境に輪を掛けてチームの主力を欠く可能性があるのも痛手。11日の練習試合で負傷したキム・ボギョンは引き続き別メニューの調整で、新潟戦で代役を務めた工藤浩平も体調不良のため今週の全体練習に姿を見せていない。インサイドハーフとして違いを作ることができる2選手が不在となれば、特に攻撃面では怖さが半減するだろう。半面、夏に加入したブラジル人FWウィリアンが18日の練習試合で2ゴールを挙げるなど上り調子。初来日とあってチームへの適応に時間を要したものの、持ち前のスピードを生かせる場面がくる可能性は十分ある。

 今節に迎える鳥栖は、松本と同様にハードワーク型のチーム。互いにパス数は少なく、球際で激しく競り合う局面が増えると予想される。そのこぼれ球をどちらがより多く拾うかが、流れの優劣を決めていく展開になりそうで、「ボールは執着心で上回った方にこぼれるもの」と指揮官。ホームの地の利も生かし、J1残留へ望みをつなぎたい。(大枝令)

■松本予想スタメン
3-1-4-2
GK
村山智彦
DF
酒井隆介
飯田真輝
喜山康平
MF
岩間雄大
田中隼磨
岩上祐三
岩沼俊介
安藤淳
FW
前田直輝
オビナ

サガン鳥栖 守備は安定も、リーグ戦5試合で1ゴールと決定力不足が露呈

 ウォーミングアップ中に、チェ・ソングンがけがをするというアクシデントでスタートした前節の名古屋戦。スコアレスドローに終わったが、「目指す形にここにきてなってきている」と森下仁志監督は試合後に振り返った。その言葉どおり、守備では無失点に抑え、攻撃ではゴールこそなかったがチャンスは作っていた。

 9月以降の公式戦7試合で2失点と守備は安定しているが、最近のリーグ戦5試合で1ゴールと得点力不足を露呈しているのも事実。決定力不足を解消するには、これまで以上にチャンスを作ることが必要。この試合ではセカンドボールの争いに勝って前線にボールを供給し、走力で上回ってゴール前に攻め込む人数を増やして分厚い攻撃を仕掛けることが求められる。

 ホーム最終戦、負けるとJ2降格の可能性もある松本は、サポーターとともに高いモチベーションでこの試合に臨むのは間違いない。それを受けるのではなく、前に出ていくことで松本のパワーを削ぐことができれば鳥栖ペースになるはず。仮にゴールを奪えなくても、失点しなければ、焦るのは松本。そうしたメンタル的に優位な状況を頭に入れた試合運びをしながら、スーパーサブとして鎌田大地をいつ投入するかもポイント。

 リーグ戦7試合未勝利の状況だが、チームは少しずつ前進している。それを結果につなげるには池田圭が話す、「自分たちらしくプレーして、不用意なファウルを与えない」をどこまでできるかにかかっている。(荒木英喜)

■鳥栖予想スタメン
3-4-2-1
GK
林彰洋
DF
谷口博之
菊地直哉
キム・ミンヒョク
MF
吉田豊
高橋義希
岡本知剛
キム・ミヌ
水沼宏太
早坂良太
FW
池田圭

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA