FOLLOW US

【予想スタメン】リーグ戦9試合無敗と好調の横浜FM、今季2敗を喫した川崎にリベンジなるか

リーグ戦9試合無敗と好調を維持する横浜FM [写真]=Getty Images

川崎フロンターレ 横浜FMには今季2勝と好相性、エウシーニョの活躍にも期待が懸かる

 9月から始まった公式戦の連勝は「6」でストップした。ただ、この敗戦に伴い、何か大きな変化を加えることはなさそうだ。左太ももを痛めていた大久保嘉人も全体練習に合流し、前節と同じ顔ぶれで臨めそうである。

「ウチは攻撃型のチーム。攻撃の時間を長くすることが大事」と谷口彰悟は口にする。前節は堅いブロックで守る広島相手に、チャンスを作りながらも仕留め損ね、後半の1得点に留まった。今週のトレーニングでは、ブロックの間で受けること、背後を狙うこと、そして前を向いてゴールを狙うことという、これまで取り組んできた攻撃面の密度をより高めている。今季の横浜FM戦は開幕戦で3得点、ナビスコ杯でも2得点と複数得点で勝利しており、特にエウシーニョは対横浜FM戦で公式戦2試合連続得点中と相性の良さが光る。大久保のJ1歴代記録更新に注目が集まる中、“意外性の男”エウシーニョの得点力にも期待したい。

 なお、長期離脱から復帰を遂げた登里享平が、今季初となるベンチを入りする可能性もある。途中出場に備えて「(2013年最終節の)ヒロキさん(伊藤宏樹)以来の雰囲気を作ってもらえたら・・・」と本人はおどけるが、風間監督も認めるムードメーカーの帰還は、ラストスパートに向けて、チームの明るい材料になるかもしれない。

「首の皮一枚だが、可能性は残っている。やるだけ」と中村憲剛。その首の皮を少しでも厚くするために、勝利が求められる。(いしかわごう)

■川崎予想スタメン
3-4-3
GK
西部洋平
DF
武岡優斗
谷口彰悟
小宮山尊信
MF
エウシーニョ
中村憲剛
大島僚太
中野嘉大
FW
小林悠
大久保嘉人
田坂祐介

横浜F・マリノス 過密日程が終わり、攻撃陣のコンディションに問題はない

 前節の神戸戦は、先制点を許したものの終盤に2得点を奪って逆転勝ち。0-1で迎えた後半は、ゴール前で守りを固める神戸をほぼ一方的に攻め続けた。87分にアデミウソンのミドルシュートで追いつき、途中出場した齋藤学が試合終了間際のロスタイムに決勝点。中澤佑二がJ1通算500試合出場を達成したメモリアルゲームを劇的な勝利で飾った。

 エリク・モンバエルツ監督が「2点を取るために、そして勝利を取るために、われわれは必要なプレーができたと思います」と振り返る明るい内容で、チームはこれで2分を挟んでリーグ戦7連勝中だ。2ndステージの順位は3位まで上がった。首位広島と2位鹿島とは残り3試合で勝ち点差「6」と厳しいが、ステージ優勝の可能性は残している。

 右足首を痛めている齋藤の先発出場は不透明だが、前節は自己最多となる7ゴール目を奪っており、調子を上げてきていることは間違いない。7日間で公式戦3試合をこなした過密日程が終わり、今週は伊藤翔アデミウソン中村俊輔とリフレッシュした攻撃陣が並ぶ。ラフィーニャの復帰は次節以降となる見通しだ。

 今節対戦する川崎とは、ホームであった開幕戦で1-3と完敗。借りを返せるか。チームは通算1200得点まであと1点。節目のゴールを誰が奪うかも注目が集まる。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-2-3-1
GK
飯倉大樹
DF
小林祐三
中澤佑二
ファビオ
下平匠
MF
喜田拓也
三門雄大
天野純
中村俊輔
アデミウソン
FW
伊藤翔

Jリーグ観るならDAZN!
期間限定2カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA