2015.10.09

”暑い方がパスが回る?” Jが気温とプレーについてのデータを公開

「走行距離」、「スプリント数」ともにJ1トップの湘南ベルマーレ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 Jリーグは9日、2015明治安田生命J1リーグの気温とプレーの関連性についてのデータをオフィシャルサイトで公開した。

 データでは、「試合数」、「走行距離」、「スプリント数」、「パス成功率」、「シュート数」、「得点」がそれぞれ6区分の気温ごとに表示されている。また、チームごとの「走行距離」と「スプリント数」も同様に、6区分の気温ごとに分類されている。(※データはいずれもJ1の1試合あたりの平均値)

 最も興味深いのは「パス成功率」だ。数値が高い順に、「21~23度」の77パーセント、「28度以上」の76.8パーセント、「24~27度」の76.1パーセントとなっている。「18~20度」では73.6パーセント、「15度未満」では73.0パーセントに下がる点から、“暑い試合の方がパスがよく回る”ということがわかる。

 逆にイメージ通りの結果になったのが“走ること”に関するデータだ。「走行距離」と「スプリント数」では気温が低い方が数値が高くなる傾向が見られた。最も走行距離が長いのは、「15~17度」で114.1キロメートル。次が同率で「15度未満」と「18~20度」の114.0キロメートルとなった。スプリント数の最多は「15~17度」の166.7回で、「18~20度」の162.4回、「15度未満」の161.7回がそのあとに続いている。つまり、“寒い試合の方がよく走る”ということが立証された。

 シュートについてのデータを見ると、「シュート数」が最も多いのは「21~23度」で11.7回、次いで「18~20度」で11.3回となっている。「得点」が最も多いのは「18~20度」で1.56点、その次に多いのが「21~23度」で1.55点だった。”暑すぎず寒すぎない気温での試合でシュートや得点が増える”ということが言える。

 また、チーム別の「走行距離」、「スプリント数」はともに湘南ベルマーレがJ1全18チーム中トップとなっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
40pt
FC東京
31pt
川崎F
30pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
44pt
町田
43pt
横浜FC
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る