FOLLOW US

C大阪がレッドブル社とパートナーシップ締結…世界4カ国でクラブ運営

レッドブル社とトップパートナーの契約を締結したC大阪 [写真]=Getty Images

 セレッソ大阪は21日、トップパートナーとして飲料メーカーのレッドブル・ジャパン株式会社と契約を締結したことを発表した。

 レッドブル社が販売する『レッドブル』は、世界トップシェアを誇るエナジードリンク。今回の契約締結により、C大阪の選手やスタッフはオフィシャルエナジードリンクとしてレッドブル・エナジードリンクを利用する。

 レッドブル・ジャパンは今回のパートナーシップを通して「セレッソ大阪が『世界で戦えるクリエイティブでタフなプレーヤー』を育成していくことを応援していきます」とコメントしている。

 なお、レッドブルは様々なスポーツに力を入れていて、サッカー分野においては世界4カ国でサッカークラブを運営。本社を置くオーストリアのFW南野拓実が所属するレッドブル・ザルツブルク、アメリカ・ニューヨークのニューヨーク・レッドブルズ、ドイツ・ライプツィヒのRBライプツィヒ、ブラジル・サンパウロのレッドブル・ブラジウが存在する。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA