2015.09.21

C大阪がレッドブル社とパートナーシップ締結…世界4カ国でクラブ運営

セレッソ大阪
レッドブル社とトップパートナーの契約を締結したC大阪 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セレッソ大阪は21日、トップパートナーとして飲料メーカーのレッドブル・ジャパン株式会社と契約を締結したことを発表した。

 レッドブル社が販売する『レッドブル』は、世界トップシェアを誇るエナジードリンク。今回の契約締結により、C大阪の選手やスタッフはオフィシャルエナジードリンクとしてレッドブル・エナジードリンクを利用する。

 レッドブル・ジャパンは今回のパートナーシップを通して「セレッソ大阪が『世界で戦えるクリエイティブでタフなプレーヤー』を育成していくことを応援していきます」とコメントしている。

 なお、レッドブルは様々なスポーツに力を入れていて、サッカー分野においては世界4カ国でサッカークラブを運営。本社を置くオーストリアのFW南野拓実が所属するレッドブル・ザルツブルク、アメリカ・ニューヨークのニューヨーク・レッドブルズ、ドイツ・ライプツィヒのRBライプツィヒ、ブラジル・サンパウロのレッドブル・ブラジウが存在する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る