FOLLOW US

浦和が興梠&武藤弾で快勝、連勝で年間首位を奪還…清水は6戦未勝利

清水戦でともに得点を記録した興梠(左)と武藤(右)[写真]=野口岳彦

 2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第11節が19日に行われ、清水エスパルス浦和レッズが対戦した。

 前節、後半終了間際にFW高木俊幸が移籍後初ゴールを決め、1-0で柏レイソルを下した浦和。セカンドステージで5勝目を挙げ、年間順位で首位のサンフレッチェ広島と同勝点を保っている。一方、残留に向けて勝利が求められる清水は、前節のサガン鳥栖戦でチャンスを作りながらも決めきれずにスコアレスドロー。今節はエースのFW大前元紀をリーグ戦3試合ぶりに先発で起用し、勝点3確保を目指す。

 最初にチャンスを作ったのはホームの清水。13分、カウンターからピーター・ウタカミッチェル・デュークとつなぎ、最後は右サイドでパスを受けた大前がエリア手前まで持ち込み右足でシュート。しかし、ここは相手DFがなんとかブロックする。

 一方の浦和が決定機を迎える。14分、右サイドを突破した高木がエリア右横からクロスを上げると、ファーサイドに飛び込んだ武藤雄樹がヘディングシュートを放ったが、ここは六平光成がなんとか戻ってブロックした。

 続く22分、右サイドの関根貴大がクロスを上げると、再び武藤が飛び込み頭で合わせた。ボールはゴール左下に決まり、浦和が先制かと思われたがオフサイドの判定で得点は認められなかった。

 28分、右サイドでFKを獲得すると、キッカーの柏木陽介が左足でクロスを供給する。ニアに飛び込んだ阿部勇樹がすらして中央の森脇良太がヘディングシュート。これが鎌田翔雅に当ってゴールネットを揺らし、浦和が先制に成功した。

 清水は苦しい展開が続いたが、ようやくチャンスを生み出す。37分、エリア内左でパスを受けたウタカが、角度がないところから左足でシュート。ここはGK西川周作が右足に当てて、ポストに弾かれた。38分、直後の左CKから大前がクロスボールを上げる。マークを振り切ってフリーになった鄭大世がヘディングシュートを決め、清水が同点に追いついた。前半は浦和ペースで進んだが、終盤に清水が持ち直して1-1で試合を折り返した。

 後半立ち上がりは清水がチャンスを作る。47分、デュークがヘディングでエリア内右のウタカへパス。ウタカが相手を背負いながらパスを戻すと、走りこんだデュークが左足でシュート。しかし、ここは枠の右下外れた。さらに48分、ロングボールから最終ラインの裏に抜けだしたウタカがワントラップからシュートを狙ったが、ここはGK西川に止められてしまう。清水は連続で決定機を逃す格好になった。

 ピンチをしのいだ浦和は、後半最初のチャンスをものにする。55分、左サイドの梅崎司がエリア内右の関根へロングパスを送る。関根がダイレクトで中央へ折り返すと、走りこんだ興梠慎三が決め、浦和が勝ち越しに成功した。

 再びリードを許した清水は64分、ウタカが途中出場の枝村匠馬とのワンツーでエリア内に進入。左足でシュートを放ったが、ここは那須大亮が懸命に戻ってブロックした。

 66分、浦和は直後の清水のCKからボールを奪いカウンターに持ち込む。ボールを持った武藤が左サイドに開いていた森脇へ展開すると、森脇がエリア横まで持ち込み左足でクロス。ボールがファーサイドに渡ると、武藤がワントラップから右足アウトでシュート。これが枠の左端に決まり、浦和がリードを2点に広げた。

 まずは1点を返したい清水。80分、最終ラインの裏に抜けだした鄭大世がエリア内左でGKと一対一になったが、シュートはGK西川のセーブにあってしまう。直後のプレーが浦和のカウンターにつながり、関根がGK杉山力裕と一対一になったが、ここは杉山がビッグセーブを見せて更なる失点を防いだ。

 後半アディショナルタイム1分には浦和に追加点が入る。右サイドの武藤がゴール前に折り返しのボールを送ると、走りこんだ柏木がこれを決めてダメ押しの4点目を奪った。

 このまま試合終了を迎え、浦和が4-1で清水を下して連勝を飾った。浦和は同日引き分けた広島を抜き、年間順位で首位に立った。

 次節、清水はホームで広島と、浦和は敵地で鹿島アントラーズと対戦する。

【スコア】
清水エスパルス 1-4 浦和レッズ

【得点者】
0-1 28分 森脇良太浦和レッズ
1-1 38分 鄭大世清水エスパルス
1-2 55分 興梠慎三浦和レッズ
1-3 66分 武藤雄樹浦和レッズ
1-4 90+1分 柏木陽介浦和レッズ

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA