FOLLOW US

名古屋FW小屋松が負傷…左ハムストリングスの肉離れで全治4週間

左ハムストリングスを負傷した小屋松(右) [写真]=Getty Images

 名古屋グランパスは13日、FW小屋松知哉が左ハムストリングスの肉離れにより、全治4週間と診断されたことを発表した。

 小屋松は9日に行われた第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会のFC町田ゼルビア戦で負傷。10日に豊田市内の病院で検査を受け、左ハムストリングスの肉離れで全治4週間と診断された。

 同選手は、先月行われたUー22日本代表のトレーニングキャンプでも左ハムストリングスを負傷し、全治3週間と診断されていた。

 現在20歳の小屋松は今季、2015明治安田生命J1リーグで22試合に出場し、1ゴールを記録している。



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO