FOLLOW US

G大阪が宇佐美の2ゴールで首位鹿島を撃破

2ゴールを挙げてG大阪を勝利に導いた宇佐美[写真]=GAMBA OSAKA

 2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第10節が12日に行われ、鹿島アントラーズガンバ大阪が対戦した。

 石井正忠新監督のもと、J1リーグ戦、破竹の6連勝と波に乗る首位の鹿島アントラーズが、昨シーズンの三冠王者ガンバ大阪を迎え撃った今節注目の好カード。

 序盤からホームの鹿島が試合を優勢に進め、2分にはスルーパスに反応した金崎夢生が右サイドからグラウンダーのクロス。ゴール前で相手DFに当たったボールがクロスバーを直撃と、G大阪に先制パンチを浴びせる。12分にはG大阪が反撃。パトリックが独走して山村和也がたまらずファウル。ゴール前やや距離のある位置で得たFKは遠藤保仁がファーサイドへとボールを送るが、これはシュートまで至らない。その後は、鹿島がボールを支配するも、G大阪の堅守を崩せない展開が続く。

 すると、迎えた29分、鹿島に押し込まれ気味だったG大阪が、エース宇佐美貴史のゴールで先制に成功する。パトリックとのワンツーから中央突破を図り、右足を一閃。青木剛の股を抜けたシュートが、鮮やかにネットを揺らした。J1リーグ戦49日ぶりのゴールで波に乗った宇佐美は、39分にもこの日2点目を奪取。カウンターからペナルティー内右でパスを受けて青木との一対一へと持ち込み、ゴール前へ入れたボールが青木の足に当たってゴールへ。公式記録は宇佐美のゴールとなり、得点ランキング独走となる今シーズン18ゴール目を挙げた。

 2点のビハインドを負った鹿島は後半に入って猛攻を仕掛ける。60分には小笠原満男、山村が立て続けにシュートを放つが、いずれもG大阪守備陣にブロックされる。直後にも、金崎、カイオがミドルシュートでゴールへと迫るがネットを揺らせない。さらに、続く67分には、右CKから山村が決定的なヘディングシュートを放つ。しかし、ゴールライン上ギリギリのところで倉田秋に頭でかき出され、どうしてもゴールが奪えない。

 堅守で鹿島の猛攻を凌いでいたG大阪は79分に決定機を迎える。カウンターから3対1の状況に持ち込み、遠藤のラストパスを受けたパトリックがシュート。これはGK曽ヶ端準に防がれるが、そのこぼれ球に反応した藤春廣輝が無人のゴールへとヘディングシュート。ところが、このシュートはほんのわずか枠を逸れた。

 残り10分を切り、攻勢を強める鹿島は86分、左サイドからカイオが上げたクロスに途中出場の鈴木優磨がヘディングシュート。ポスト右へと外れたが、この日がJ1リーグ戦デビューとなった鈴木が90分に初ゴールを奪う。同じく、左サイドから上げられた金崎のクロスに飛び込み、ヘディングでネットを揺らした。しかし、鹿島の反撃はここまで。1-2で敗れリーグ戦7戦ぶりの黒星を喫した。

 一方のG大阪は、この勝利でJ1リーグ戦3連勝を達成。9月16日にホーム万博記念競技場で行われるAFCチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦、全北現代戦に向けても、弾みのつく大きな勝ち点3を手にした。

【スコア】
鹿島アントラーズ 1-2 ガンバ大阪

【得点者】
0-1 29分 宇佐美貴史ガンバ大阪
0-2 39分 宇佐美貴史ガンバ大阪
1-2 90分 鈴木優磨鹿島アントラーズ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO