2015.09.11

【予想スタメン】新潟とのアウェー戦7季未勝利…連勝街道を進む横浜FMは難敵撃破なるか

リーグ戦4連勝中と好調の横浜FM [写真]=Getty Images

■アルビレックス新潟 チーム全体のモチベーションは最高潮

 ナビスコ杯で浦和を退けて準決勝に初進出し、メンバー総入れ替えで臨んだ天皇杯も快勝。望みうる最高の結果を出し、チームは連戦を乗り切った。

 横浜FM戦を見越し、9日に行われた天皇杯で戦力を温存できたことは大きい。柳下正明監督は、浦和と対戦したナビスコ杯準々決勝第2戦から、秋田と対戦した天皇杯2回戦の先発全員を入れ替えるターンオーバーを採った。さらに浦和戦の先発メンバーは、天皇杯前日の練習を免除。体力の回復を図ることができた。

 4-0で勝利した秋田戦では、結果を出しただけではない。プロ2年目の酒井高聖、夏に加入したラファエル・ハットンがデビュー。さらに2種登録の新潟U-18所属3選手も出場して得点に絡むなど、主力組を刺激するのに十分な奮闘を見せた。チーム全体のモチベーションは、今季ここまでで最高潮に達していると言っていい。

 ダイナミックなプレーで中盤を活性化させる佐藤優平が、期限付き移籍の条件で出場できないのは痛手だが、「知っていることは全て伝える。新潟のサッカーをすれば十分に勝機はある」と、“古巣”から勝ち点3を奪うための全面サポートを誓う。

 小泉慶が長期離脱し、レオ・シルバとドイスボランチを組むのは誰か。2戦合計5-3で勝ち上がったナビスコ杯準々決勝第2戦は、先に迎えたビッグチャンスを決め切れず、0-3で終わる“負けパターン”だった。横浜FM戦は、それらをクリアするためのゲームにもなる。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
守田達弥
DF
川口尚紀
舞行龍ジェームズ
大井健太郎
コルテース
MF
山本康裕
レオ・シルバ
小林裕紀
加藤大
FW
指宿洋史
山崎亮平

■横浜F・マリノス リーグ戦4連勝と好調も、天皇杯ではアイデアを欠く

 前節の浦和戦は快勝だった。月間ベストゴールとなる中村俊輔の先制FK弾で主導権を握ると、その後も8月の月間MVPを受賞した齋藤学の3季ぶり1試合2ゴールなどで、1stステージ覇者を4-0と圧倒。開幕6連勝を記録した2013年以来となるリーグ戦5連勝を目指し、今節も白星を連ねたい。

 ほぼベストメンバーで臨んだ6日の天皇杯2回戦、MIOびわこ滋賀戦は大雨のため、後半途中に1-1で中断。再試合が決まった。開始早々の失点後は再三チャンスを作ったが、PKによる1ゴールどまり。もう一度ゲームの入りを引き締め、攻撃はアイデアと正確性を高めてゴールを奪いたい。

 約1年ぶりの復帰戦となった天皇杯で、チームの窮地を救うPKを獲得したルーキー仲川輝人のパフォーマンスは、今後へ期待を抱かせる活躍だった。一方で、中町公祐は右ひざを痛めて長期離脱が決定。ボランチは、喜田拓也が3試合ぶりに先発復帰して穴を埋めてくれそうだ。

 新潟には、1stステージのホーム戦こそ1-0で勝利したが、アウェーゲームは過去7季未勝利(3分4敗)。最後に勝利したのは2007年まで遡る。ここで嫌なデータは断ち切りたいところ。「涼しくなって動けている。一歩目、二歩目が出て、うまく連動できている」とチームの好調を実感しているのは伊藤翔。連勝街道というモチベーションを維持して臨む。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-2-3-1
GK
飯倉大樹
DF
小林祐三
中澤佑二
ファビオ
下平匠
MF
喜田拓也
三門雄大
アデミウソン
中村俊輔
齋藤学
FW
伊藤翔

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る