FOLLOW US

中村俊輔の芸術的FK炸裂…横浜FMが4発大勝で3連勝同士の対決制す

浦和戦で先制のFK弾を決めた横浜FMの中村俊輔 [写真]=野口岳彦

 2015明治安田生命Jリーグ・セカンドステージの第9節が29日に行われ、横浜F・マリノス浦和レッズが対戦した。

 セカンドステージ序盤に苦しみ9位につける横浜FMだが、現在3連勝中と調子を上げてきている。浦和相手に3連敗中と相性は良くないが、ここ3試合でわずか1失点の堅守を軸に4連勝を目指す。一方の浦和も、無敗で駆け抜けたファーストステージとは裏腹にセカンドステージでは苦戦を強いられた。それでもここ4試合で3勝1分けと調子を取り戻し4位まで浮上すると、年間順位でも首位に立っている。

 横浜FMのDFファビオはこの試合に先発しJ1通算50試合出場を達成。DF中澤佑二とともに堅い守備陣を形成する。浦和は出場停止明けの関根貴大がスタメンに復帰した。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が視察に訪れたこの試合、3連勝中の両チームはともに積極的な立ち上がりを見せる。2分、まずは浦和の那須大亮がエリア外からミドルシュートを狙うと、3分には横浜FMのアデミウソンがミドルを放ったが、どちらも枠を捉えることはできない。横浜FMは13分、中村俊輔が蹴った右からのCKにニアサイドでファビオが合わせたが、シュートは西川周作のファインセーブに阻まれた。すると攻勢を強めていた横浜FMが28分に試合を動かす。エリア手前正面の位置で得たFKを中村が左足で直接狙うと、シュートはきれいな弧を描いてゴール右隅に吸い込まれた。

 先制点を奪った横浜FMはさらに33分、自陣からパスをつないで攻め上がると伊藤翔が裏に抜けだした齋藤学の浮き球のスルーパス。これを受けGK西川との1対1を迎えた齋藤は左足で冷静にゴール右に流し込み横浜FMがリードを2点に広げた。その後も主導権を握ったホームの横浜FMがゲームを支配する形で前半を折り返す。

 2点を追う浦和は後半開始と同時に宇賀神友弥に代えてズラタンを投入した。すると51分、前線でボールをキープしたズラタンの落としから武藤雄樹が左足でミドルシュートを放つ。しかしシュートはGKの正面に飛んでしまった。

 前半とは一変して浦和ペースで進む中、横浜FMが一瞬のすきを突いてビッグチャンスを迎える。自陣からのクリアボールに反応した齋藤がDFを振り切り一気にGKと1対1に。しかしエリア外まで飛び出した西川をかわしたドリブルが大きくなってしまい、シュートまで持ち込めなかった。すると59分、追いつきたい浦和を横浜FMが突き放す。カウンターから中村が右サイドに展開し、アデミウソンがマイナスのクロスを送ると、エリア手前正面で受けた齋藤が左足のミドルシュートをゴール右隅に決めた。

 止まらない横浜FMはさらに64分、左CKにファビオが飛び込みヘディングシュートを叩き込んだ。4点のビハインドを背負った浦和は直後の65分に興梠慎三を下げ青木拓矢を投入。一方の横浜FMも68分、中村に代えて喜田拓也をピッチに送り出す。浦和は78分、柏木陽介ズラタンとつないで最後は裏に抜け出した武藤がゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定となり得点は認められない。82分には右サイドでボールを持った梅崎司がカットインからシュートを狙うがDFにブロックされてしまう。

 終盤は1点を返したい浦和が攻め続ける展開となったが、集中して守る横浜FMが最後までゴールを許さず3連勝同士の対決を4-0で制した。

 次節、横浜FMはアウェーでアルビレックス新潟と、浦和はホームで柏レイソルと対戦する。

【スコア】
横浜F・マリノス 4-0 浦和レッズ

【得点者】
1-0 28分 中村俊輔横浜F・マリノス
2-0 33分 齋藤学横浜F・マリノス
3-0 59分 齋藤学横浜F・マリノス
4-0 64分 ファビオ横浜F・マリノス

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO