FOLLOW US

川崎FW大久保嘉人が開始14秒で先制ゴール…J最速弾は何秒か?

 2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第8節が22日に行われ、湘南ベルマーレと川崎フロンターレが対戦した。同試合で川崎のFW大久保嘉人が開始14秒で得点を記録した。

 試合は開始からいきなり動く。湘南ボールでキックオフされると、川崎のFW杉本健勇が前線でパスカット。右サイドの大久保へパスをつなぎ、再び杉本にボールを戻すと、最後はペナルティエリア手前に走りこんだ大久保がゴール左に決めて、開始14秒で川崎が先制に成功した。

 なお、公式記録ではないものの、J1の最速ゴールは2006年のJ1リーグ第9節のセレッソ大阪戦で、サンフレッチェ広島のFW佐藤寿人が決めた「8秒」とされている。J2では2014年のJ2第4節で松本山雅FCのMF岩上祐三カマタマーレ讃岐戦で決めた「7秒」が最速とされている。

 試合は12分を経過し、1-1の同点となっている。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA