2015.08.22

川崎FW大久保嘉人が開始14秒で先制ゴール…J最速弾は何秒か?

 2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第8節が22日に行われ、湘南ベルマーレと川崎フロンターレが対戦した。同試合で川崎のFW大久保嘉人が開始14秒で得点を記録した。

 試合は開始からいきなり動く。湘南ボールでキックオフされると、川崎のFW杉本健勇が前線でパスカット。右サイドの大久保へパスをつなぎ、再び杉本にボールを戻すと、最後はペナルティエリア手前に走りこんだ大久保がゴール左に決めて、開始14秒で川崎が先制に成功した。

 なお、公式記録ではないものの、J1の最速ゴールは2006年のJ1リーグ第9節のセレッソ大阪戦で、サンフレッチェ広島のFW佐藤寿人が決めた「8秒」とされている。J2では2014年のJ2第4節で松本山雅FCのMF岩上祐三がカマタマーレ讃岐戦で決めた「7秒」が最速とされている。

 試合は12分を経過し、1-1の同点となっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る