FOLLOW US

G大阪が苦しみながらも3試合ぶり白星…パトリックが決勝ゴール

 2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第8節が22日に行われ、ガンバ大阪清水エスパルスが対戦した。

 前節、G大阪はFC東京に1-2で敗れ、年間順位で勝ち点7差をつけられてしまった。チャンピオンシップ出場のためにも、この試合では勝利が求められる。一方の清水は前節、ホームでアルビレックス新潟と引き分けてしまい、年間17位と苦しい状況に追い込まれている。敵地とはいえ、なんとか勝ち点を持ち帰りたいところだ。

 最初にチャンスを作ったのは清水。22分、左サイドに抜けだした六平光成が折り返しのボールを送ると、ペナルティエリア手前のチョン・テセが右足でミドルシュート。しかし、ボールは枠の上に外れてしまった。

 一方のG大阪も反撃に出る。31分、GK東口順昭から前線にパスをつないでいくと、宇佐美貴史のスルーパスに抜けだしたパトリックがペナルティエリア左に進入し、GK杉山力裕をかわしてシュート。G大阪が先制に成功する。

 先制を許した清水は、43分にゴール左手前でチョン・テセからのパスを受けたミッチェル・デュークがミドルシュートを放ったが、ここは枠の右上に外れた。シュート数は清水の方が多く、G大阪はチャンスこそ多くなかったが、1-0でリードしたまま前半を終えた。

 追いつきたい清水は先に動く。56分に本田拓也を下げて竹内涼を投入し、流れを変えにかかる。68分、ペナルティエリア手前で大前元紀がパスを受けると、細かいステップから右足で低いシュートを狙ったが、GK東口に防がれてしまう。

 攻めに出る清水に対し、G大阪はカウンターからチャンスを作る。75分、途中出場の阿部浩之が右サイドを突破すると、切り返したボールを後ろから走りこんだ宇佐美が右足でシュートを放ったが、ここはクロスバーを叩いてしまい、追加点を奪えない。

 清水は途中出場のピーター・ウタカらを中心に最後まで相手ゴールに迫ったが得点を奪うことはできず、G大阪が1-0で清水を下している。

 次節、G大阪は湘南ベルマーレと、清水エスパルスFC東京とそれぞれホームで対戦する。

【スコア】
ガンバ大阪 1-0 清水エスパルス

【得点者】
1-0 31分 パトリックガンバ大阪

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA