2015.08.21

【予想スタメン】首位陥落の広島、大記録に迫るエースの活躍が連敗脱出のカギ

J1通算得点記録まであと2点と迫っている佐藤(右) [写真]=Getty Images

アルビレックス新潟 守備の再建は急務、堅守の実現が勝利へのカギ

 前節清水戦は、指宿洋史の2ndステージ4点目となるゴールで先制しながら追いつかれ、勝ち点1を分け合った。柳下正明監督が「いつもは出ないようなイージーミスが攻守で出た」と振り返った試合内容を考えれば、思うようにチームのギアが上がらず、ペースを握れないながらも勝ち点1を積み上げたことはポジティブな結果と言える。

 今週の新潟は涼しく、過ごしやすい日が続き、コンディションを回復させつつ、広島戦に向けてトレーニングすることができた。清水戦では「マークに付ききれない」、「距離感が悪くパスがつながらない」といった“動きの重さ”が原因で大苦戦したが、状態を上げて広島戦に臨めるだろう。

 清水と引き分けて3試合未勝利の現状で気になるのは、3試合全てで先制しながら勝ち切れていないことだ。2ndステージでは、ここまで7試合全てで得点を奪っているだけに、守備の再建は急務。広島の鋭いカウンターで失点しないためにも、今週のトレーニングではボールの失い方に注意を払うことが強調された。

 広島には2012年5月に勝って以来、リーグ戦で2分3敗と苦戦中。1stステージでの対戦では2-4で大敗した。この試合はレオ・シルバが体調不良で帰国中、舞行龍ジェームズ小泉慶が出場停止で、2種登録の2選手をベンチ入りさせる苦しい陣容だった。GK守田達弥は「あの時とはチーム状態も違う。今回は自分たちの形で戦える」と勝利に意欲を見せるが、堅守の実現がそのカギを握る。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
守田達弥
DF
川口尚紀
舞行龍ジェームズ
大野和成
コルテース
MF
山本康裕
レオ・シルバ
小泉慶
加藤大
FW
指宿洋史
山崎亮平

サンフレッチェ広島 U-22日本代表4人選出と若手の成長が著しい

 前節の柏戦で0-3と「言い訳のできない完敗」(森保一監督)を喫してしまい、2ndステージだけでなく、年間順位でも首位を滑り落ちてしまった。連敗も連続完封負けも今季2度目。前節は浅野拓磨佐藤寿人と共存させはしたものの、機能性は今一つ。約2カ月ぶりに復帰した塩谷司は、攻撃面ではさすがの存在感を見せつけたものの、守備面では全3失点に絡んでしまい、実戦感覚が戻りきっていないことを露呈。柴崎晃誠や森崎浩司の負傷からの復帰もまだ先のことであり、効果的なカンフル剤を見出せていないのが現状だ。

 ただ、柏戦で2ndステージの平均シュート本数9.67本を大きく上回る17本を打てたことは光明だ。本質的な決定機が少なかったという現実もあるが、シュートが打てるところまでは持ち込んでいたということも事実。5バックや青山敏弘へのマンマークを仕掛けられたり、前からの守備を敢行されたり、様々な手法で“対策”を練られた中でも、広島らしい論理的な攻撃は決してゼロではなかった。

 U-22日本代表に浅野、野津田岳人吉野恭平宮原和也と4人も選出されるなど、若者たちは間違いなく成長している。J1通算最多得点記録まであと2点と迫っている佐藤寿人も、新潟のホーム、デンカスタジアムとの相性は良く、2009年から2012年にかけて4年連続ゴールを決めているほど。エースが大記録への階段を上がれば、連敗脱出への道も見えてくる。(紫熊倶楽部 中野和也)

■広島予想スタメン
3-4-2-1
GK
林卓人
DF
塩谷司
千葉和彦
水本裕貴
MF
ミキッチ
青山敏弘
森崎和幸
柏好文
ドウグラス
野津田岳人
FW
佐藤寿人

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
6pt
C大23
6pt
藤枝
6pt
Jリーグ順位をもっと見る