FOLLOW US

負傷者続出のFC東京、G大阪との接戦を制してリーグ戦3連勝

米本(中央)の先制点に歓喜する河野(左)とネイサン・バーンズ(右)[写真]=鷹羽康博

 2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第7節が16日に行われ、FC東京ガンバ大阪が対戦した。

 6位のFC東京は中断期間中に負傷者が続出。GK権田修一、DF太田宏介、MF石川直宏らを欠く状況となった。前節に続きGKには榎本達也が起用され、最終ラインも同様にDF松田陸丸山祐市森重真人徳永悠平の4人が並ぶ形となった。一方、G大阪は11日のリーベル・プレート戦を欠場したFW宇佐美貴史、DF丹羽大輝、DF米倉恒貴、GK東口順昭らが先発メンバーに名を連ねた。

 試合開始早々から主導権を握ったのはG大阪。4分、左CKのこぼれ球をペナルティエリア右手前で拾った宇佐美貴史が左足で強引にシュート。しかし、ここは枠の左上に外れてしまった。続く5分にも中央を突破した宇佐美がミドルシュートを放ったが、ここはGK榎本が正面でキャッチした。

 一方のFC東京も反撃に出る。12分、ペナルティエリア手前左でFKを獲得すると、森重真人が強烈なシュートを放ったが、GK東口順昭がなんとか弾き出した。続く20分、右サイドでダイレクトパスをつなぐと、抜けだしたネイサン・バーンズがドリブルでペナルティエリア右に進入して鋭いグラウンダーのクロスを入れる。これを中央の米本拓司が右足で蹴りこみ、FC東京が先制に成功した。

 先行されたG大阪は19分にチャンスを作る。相手ゴール前で宇佐美、遠藤保仁とつなぎ、右サイドに開いたパトリックにボールがわたる。パトリックが中央に折り返しのボールを送ると、遠藤がスルーして宇佐美がダイレクトシュートを放った。しかし、ここは榎本の好セーブに阻まれた。

 今度は再びFC東京が決定機を演出する。31分、高い位置で相手DFからボールを奪取。ゴール前の前田遼一がエリア右の河野広貴へパスをつなぐ。河野は左足でカーブをかけたシュートを放ったが、ここはクロスバーの左側に弾かれてしまった。

 その後も互いにチャンスを作ったがそのままスコアは動かず。G大阪はリードを許しながらもやや優勢の展開で前半を終えた。

 FC東京はハーフタイムに徳永を下げて吉本一謙を投入した。後半立ち上がり、最初にチャンスを作ったのはG大阪。47分、左サイドでボールを持った宇佐美がペナルティエリア右の米倉恒貴へロングパス。米倉が頭で折り返すと、飛び込んだパトリックがこれを押し込んで、G大阪が同点に追いついた。

 FC東京は同点に追いつかれてから猛攻を仕掛ける。58分、カウンターから米本がペナルティエリア手前まで持ち上がり、右サイドの羽生直剛へパス。羽生がクロスボールを供給すると、ファーサイドのネイサン・バーンズがダイビングヘッドで合わせて勝ち越しに成功した。

 G大阪は73分にパトリック阿部浩之を下げ、赤嶺真吾と大森晃太郎を投入して同点ゴールを目指す。75分にはペナルティエリア左手前でボールを持った倉田秋が強烈なミドルシュートを放ったが、ここは惜しくも右ポストに弾かれてしまった。

 後半アディショナルタイム4分には遠藤が直接FKを狙ったが決めきれず。このまま逃げ切ったFC東京が、2-1でガンバ大阪を下してリーグ戦3連勝を飾った。

 次節、FC東京は敵地で名古屋グランパスと、G大阪はホームで清水エスパルスと対戦する。

【スコア】
FC東京 2-1 ガンバ大阪

【得点者】
1-0 20分 米本拓司FC東京
1-1 47分 パトリックガンバ大阪
2-1 58分 ネイサン・バーンズFC東京

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO