2015.08.15

【予想スタメン】3戦負けなしの川崎が神戸と対戦…負傷者の穴を埋めて勝ち点奪取なるか

3戦負けなしを維持する川崎 [写真]=Getty Images

ヴィッセル神戸 約4カ月お預けのJ1ホーム通算100勝を達成を狙う



 中断明け初戦では、ネルシーニョ監督の古巣である柏に、アウェーで0-2と敗退。今季初の3連敗、2戦連続完封負けを喫した。首位広島との8差を縮められず、悲願のタイトル獲得には厳しい状況となってしまった。

 それでも、混戦のJ1で上位戦線へ戻るためにも、ここからはとにかく勝利が欲しいところ。そのためにも、これまでリーグ戦で1勝しかできなかったノエビアスタジアム神戸でのホームゲームで、約4カ月ぶりの白星を果たし、J1ホーム通算100勝を達成しなければ、先へは進めない。

 前節は主軸のマルキーニョス、『スプリントキング』の小川慶治朗らが欠場を強いられたなか、結果は出なかったが、石津大介がゴールポスト直撃のシュートを放つなど好機を何度か作れば、チームの特色である両サイドを効果的に使った攻撃も垣間見られた。さらに、球際の激しさ、奪われたあとの素早い守備など、ネルシーニョ体制で徹底してきたハードディフェンスは浸透しており、それが柏戦後半、失点するまでは、ペースを握る要因にもなっていた。だからこそ不用意なミスを減らし、組織的な守備を活かして、攻撃サッカーの川崎の出鼻をくじき、レアンドロらを活かした素早い攻撃で活路を見出したい。

 今季の川崎戦では2戦2分だったが、狙いとするサッカーはでき、収穫ある内容も残していた。かつて神戸のエースだった大久保嘉人らを封じて、勝って自信を取り戻すことが、今こそ求められる。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
3-4-3
GK
山本海人
DF
岩波拓也
チョン・ウヨン
高橋祥平
MF
高橋峻希
森岡亮太
三原雅俊
相馬崇人
FW
石津大介
レアンドロ
渡邉千真

川崎フロンターレ 敵将の策にどう出るかがポイント

 今季の公式戦では、2戦ともドローに終わっている。過去の対戦で敵将ネルシーニョが執ってきた川崎対策は明確で、パスワークの心臓部となる中村憲剛大島僚太のダブルボランチを徹底封鎖し、チーム全体を前傾姿勢にしながら、シュートカウンターを狙うというものだ。おそらく、この試合でもその策は変わらないはずだ。

 それを真っ向から受けて、意地でも後ろでパスをつなぎ倒して撃破するか。それとも、ピッチ状態の悪さも考慮しながら、相手の出方を利用してロングボールでいなすか。後者の選択をした際には、前線に高さと機動力が欠けている点が懸念材料だ。スペースに走り込みながら、前線で起点になれる小林悠田坂祐介は負傷欠場中。右足親指を痛めている大久保嘉人は、ボールフィーリングに難を抱えており、本調子とは言い難い。さらに新加入のアルトゥール・マイアは、パサータイプである。となれば、期待したいのは船山貴之だ。足元で欲しがる選手が多い中、背後への抜け出しで攻撃にアクセントを付け続けている。いまだ無得点だが、前節山形戦でも得点機に顔を出し、本当にあと一歩の状態だ。台所事情が苦しいだけに、ここでの結果を期待したい。

 どう転んでも苦戦が予想される。前節無失点に終えた守備陣が踏ん張りながら、マイアのフリーキックで勝ち切るという、新たな方程式も早い段階で組み込んでおきたい。(いしかわごう)

■川崎予想スタメン
3-4-3
GK
新井章太
DF
武岡優斗
井川祐輔
谷口彰悟
MF
エウシーニョ
中村憲剛
大島僚太
小宮山尊信
FW
アルトゥール・マイア
大久保嘉人
船山貴之

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る