2015.08.15

【予想スタメン】勢いを取り戻したい浦和、武藤ら代表組の爆発に期待がかかる

活躍が期待される武藤(右) [写真]=Getty Images

浦和レッズ 代表選手は湘南戦にターゲットを絞って調整



 2ndステージは1stステージから一転して苦しんでいる浦和だが、12日に行われた新潟戦で勝利を収め、 5試合ぶりに白星を飾った。しかし、結果こそ出たが、前半は新潟に圧倒され、後半は持ち直したものの失点していてもおかしくない場面があり、運に味方された部分もあったのは確か。勝利という結果を前向きに捉え、なんとか勢いを取り戻したいところだ。

 ただ、チームとしてまだまだ本調子とは言えないなかでも、梅崎司が切れ味鋭いプレーを随所に見せていたのは好材料だ。一時期故障でチームを離れていたが、新潟戦では1ゴール1アシストという数字以上の好パフォーマンスを見せていた。

 新潟戦では東アジアカップに出場していた4選手のうち興梠慎三武藤雄樹は過密日程を考慮して欠場。湘南戦にターゲットを絞って調整を進めただけに、復帰後の爆発に期待したい。特に武藤は日本代表でも自分の特長を表現できると自信をつけて帰ってきただけに、さらに存在感を強めるプレーを期待したい。一方で槙野智章は日本代表からの連戦が続くため、出場すればコンディション面に不安は残る。GK西川周作はフィールドプレーヤーに比べれば消耗は少ないため問題ないだろう。

 また、中断期間中に内転筋痛の回復に務めた柏木陽介だが、まだ万全な状態からは程遠く、湘南戦に出られない可能性もある。(totoONE編集部)

■浦和予想スタメン
3-4-2-1
GK
西川周作
DF
森脇良太
那須大亮
槙野智章
MF
関根貴大
柏木陽介
阿部勇樹
宇賀神友弥
梅崎司
武藤雄樹
FW
興梠慎三

湘南ベルマーレ 近年浦和に未勝利も今季開幕戦のリベンジを果たしたい

 厳しい戦いだった。前節アウェー清水戦に臨んだ湘南は、相手のオウンゴールで序盤のうちに幸先よく先制するも、前半の終わりごろから次第に押され、後半一度は同点に追いつかれた。監督交代後の初陣だったことも背景にあったろう、清水の気迫には目を瞠るものがあった。

 だが、それでも湘南はセットプレーの流れから終盤再び突き放し、守っては1失点に抑えた。この勝利により、前々節柏戦に次いで今季初めて同ステージ内での連勝を収めた。新たなポジションを託すなど選手個々の可能性を広げながら、2ndステージはこれで3勝2分1敗と、2巡目の難しい戦いのなかでも上々の滑り出しを見せている。

 上昇気流をつなげたい今節は、アウェー浦和戦に臨む。ホームに彼らを迎えた今季開幕戦では、先制したものの前半のうちに追いつかれ、後半相手が流れを手繰り寄せるなかで追加点を喫し、1-3で敗れた。

 くだんの開幕戦然り、湘南は残り15分の失点が少なくない。逆に浦和はその時間帯の得点がリーグのなかでも秀でており、ゲーム展開を踏まえた90分間の戦い方は、勝ち点を得るために大切なポイントとなる。

 近年のJ1での両者の対戦成績では、湘南が1分4敗と、一度も勝利を得られていない。ただ、最後に追いつかれドロー決着したものの、好勝負を演じた2年前のホームゲームのように、このカードにはチームの成長も記してきた。それだけに期待の高まる今季2度目の対戦である。(隈元大吾)

■湘南予想スタメン
3-4-2-1
GK
秋元陽太
DF
遠藤航
アンドレ・バイア
三竿雄斗
MF
古林将太
石川俊輝
永木亮太
菊池大介
菊地俊介
高山薫
FW
大槻周平

欧州リーグ順位表

リヴァプール
85pt
マンチェスター・C
83pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
17pt
FC東京
17pt
大分
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
19pt
山形
18pt
大宮
17pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る