2015.08.15

【予想スタメン】エース豊田が待望の復帰…得点力不足に陥る鳥栖を救えるか

今節復帰予定の豊田(左) [写真]=Getty Images

モンテディオ山形 リーグ戦12試合勝利なし、精度に課題を残す



 前節川崎戦はスコアレスドローで終え、アウェーで勝ち点1を持ち帰った。守備の戦術的狙いをハードワークで遂行し、川崎の攻撃を抑え、いくつか許した決定機はGK山岸範宏の好セーブでゴールを割らせなかった。3失点での敗戦が2試合続き、守備の立て直しが急務となっていたが、まずは一つ無失点という形で結果を出した。

 ただし、得点は奪えていない。2ndステージの6試合で得点はわずかに2点。シュートチャンス自体はむしろ多いほうだが、精度の問題でゴールマウスを割るまでに至っていない。守備の頑張りが報われない試合が多く、リーグ戦の勝利なしは12試合に伸びた。

 鳥栖との相性は悪くない。昨季の天皇杯4回戦では、延長線までもつれたが、ハイプレスが効果を上げて主導権を握り、最後は1-0で退けた。今季J1・1st第5節では終盤に豊田陽平にゴールを許し0-1で敗れているが、この試合もプラン通り進めたのは山形で、シュート数でも12-5と圧倒していた。今節は中3日で、J1・2nd第6節を先に消化していた鳥栖とは日程的なハンディがあるが、昨季の天皇杯の対戦でも同様のハンディを克服した例もあり、神経質になる必要はなさそうだ。

 前節は新加入の小椋祥平高崎寛之が途中出場ながら移籍後初出場を果たした。2人のさらなるフィットとポジション競争の激化が、降格圏にあってもいい刺激となってチームの緊張感が保たれている。(totoONE編集部)

■山形予想スタメン
3-5-2
GK
山岸範宏
DF
宇佐美宏和
西河翔吾
石川竜也
MF
高木純平
宮阪政樹
アルセウ
小椋祥平
キム・ボムヨン
FW
ディエゴ
ロメロ・フランク

サガン鳥栖 苦手意識のある山形に対する森下監督の采配に注目

 J1・2nd第6節を7月中に終えていたため、12日は試合のなかった鳥栖。よって、前回のリーグ戦から2週間以上も空いた。その間、選手は休養でリフレッシュし、オフ明けの練習では「これまでやってきたことをもう一度徹底すること」(森下仁志監督)を意識して取り組んだ。

 戦列から離脱していた豊田陽平やGK林彰洋なども復帰し、万全の体勢で今節の山形戦に臨む。藤田直之キム・ミヌキム・ミンヒョクは東アジアカップ代表に招集されてオフはなかったが、代表で得た経験をクラブにフィードバックしようとしている。

 2ndステージに入り、まだ1勝しかしていない鳥栖。その原因は直近5試合で3得点しか挙げていない得点力不足にある。だが、豊田が復帰したことでこの課題は解消へと向かうはずだ。豊田の復帰ですべてが好転するとは言えないが、エースが戻ってくることでチームが大きなパワーを得ることは確実。5試合勝利から遠ざかっているチームにとってこれ以上のプラス要素はない。

 鳥栖は元来、3バックのチームを苦手とし、J1・2nd第4節湘南戦では試合を支配していながらも1-1で引き分けた。山形との前回対戦でも1-0で勝利したが、ホームで苦戦を強いられた。積極的なプレスからのカウンターを得意とする山形に対し、「逆に相手はボールを持つと難しくなるかもしれない」と話した森下監督の采配に注目したい。(荒木英喜)

■鳥栖予想スタメン
4-2-3-1
GK
林彰洋
DF
丹羽竜平
菊地直哉
谷口博之
吉田豊
MF
高橋義希
藤田直之
水沼宏太
鎌田大地
キム・ミヌ
FW
豊田陽平

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る