FOLLOW US

広島DF水本の“鉄人”記録が途絶える…連続フル出場は137試合でストップ

水本(左)のフルタイム出場記録がストップした(写真は浦和戦)[写真]=Getty Images

 前人未到の大記録が途切れた。サンフレッチェ広島に所属する日本代表DF水本裕貴の、連続フルタイム出場記録が137試合でストップした。

 12日、明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第6節が各地で開催され、広島はホームで鹿島アントラーズと対戦した。同試合に先発出場していた水本だったが、76分にDF塩谷司と交代。2011年8月から続いていたフィールド選手のJ1連続フルタイム出場が137試合で止まった。

 水本は2011年5月7日のヴァンフォーレ甲府戦で頭部を負傷。救急搬送された病院で頭蓋骨骨折および急性硬膜外血腫と診断され、緊急の開頭手術を受けた。懸命のリハビリを経て、選手生命の危機から這い上がった水本は、今年5月16日に行われたJ1ファーストステージ第12節の鹿島戦で127試合連続フルタイム出場を達成し、新記録を樹立していた。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA