2015.08.12

広島が12試合ぶりの黒星…ホームで鹿島に敗戦し連勝は5でストップ

 2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第6節が12日に行われ、サンフレッチェ広島と鹿島アントラーズが対戦した。

 EAFF東アジアカップ2015が閉幕し、早くもJ1が再開した。ホームの広島はセカンドステージに入って無傷の5連勝。対して鹿島は2連勝中で、両チームとも連勝をキープしたいところ。広島はセカンドレグ、年間順位ともに首位。鹿島はセカンドレグ4位で年間順位は6位につけている。広島の先発メンバーには東アジアカップの日本代表メンバーから、出場のなかった水本裕貴が入り、3試合に出場した浅野拓磨はベンチスタート。鹿島は同じく3試合出場の柴崎岳がベンチ入りしている。

 最初のチャンスはアウェーの鹿島。7分、味方のパスでペナルティエリア内右に抜け出した赤崎秀平が、角度のないところからシュートを放つが、GK林卓人に足で弾き返される。一方の広島は16分、右サイドのミキッチからのクロスに、エリア内の佐藤寿人が頭で合わせるが、枠を捉えられなかった。

 試合が動いたのは32分、鹿島がワンチャンスをものにして先制に成功する。左CKを獲得した鹿島は、遠藤康からのボールを、ゴール前でフリー山本脩斗が頭で合わせてゴールネットを揺らした。追いつきたい広島だったが、チャンスを作れないまま、1点ビハインドで前半を折り返す。

 後半に入って広島は60分、右サイドを突破したミキッチからクロスが入るも、GK曽ヶ端準がクリア。そのこぼれ球を森崎和幸がダイレクトでシュートを放つが、これはクロスバー上に外れた。なかなか得点を奪えない広島は61分、佐藤と野津田岳人を下げて、浅野と茶島雄介を投入。するとその直後、ハーフライン付近から浅野がドリブルで持ち上がり、エリア内左に侵入したところで左足を振り抜く。しかしこのシュートはクロスバーに阻まれた。

 鹿島は63分に山村和也を下げて柴崎をピッチに送り出した。広島は73分、左サイドの柏好文からのクロスに、ファーサイドに走り込んだドウグラスがヘディングシュートを放つが、枠を捉えられなかった。76分、水本を下げて塩谷司を投入。塩谷は8試合ぶりの復帰を果たした一方で、水本の連続フル出場記録は137試合で途切れた。80分には右サイドのミキッチからのクロスにドウグラスが頭で合わせるが、これもクロスバー上に外れた。

 広島はドウグラスにボールを集めて得点を狙うが、鹿島が守り切り試合終了。広島はホームでゴールを奪えず0-1で敗れ、12試合ぶりの黒星となった。一方の鹿島は連勝を3に伸ばしている。
 
 16日に行われる次節は、広島が柏レイソルと、鹿島がベガルタ仙台と対戦する。

【スコア】
サンフレッチェ広島 0-1 鹿島アントラーズ

【得点者】
0-1 32分 山本脩斗(鹿島)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
31pt
福岡
29pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る