2015.08.11

広島FW佐藤が7月の月間MVPに輝く…J2は家長が2カ月連続受賞

佐藤寿人
7月の月間MVPに選ばれた佐藤寿人 [写真]=Getty Images

 Jリーグは11日、7月の「明治安田生命Jリーグ コカ・コーラ 月間MVP」受賞選手を発表した。

 J1はサンフレッチェ広島に所属するFW佐藤寿人が、J2は大宮アルディージャに所属するMF家長昭博が、7月の月間MVPに選ばれている。

 Jリーグ選考委員会は佐藤について「7月に開催された全5試合に出場し、3得点3アシストの活躍。Jリーグ史上初となる12年連続2桁得点を達成したほか、アシストも多く、質の高いプレーで味方選手の良いプレーを引き出し、チームの全勝(5戦5勝)に大きく貢献した。スタメンで4試合以上出場した選手のうち、1試合平均のプレー数は15.0回とリーグ内で最も少なく、プレーの間隔(4分2秒)は最長でありながら、シュート決定率は75.0パーセントと高い数値を誇る。オフ・ザ・ボールでの動きや駆け引きに優れ、かつ常にシュートを意識して無駄のない動きで攻めることのできる姿は、まさに佐藤選手が尊敬してやまない元ミラン(イタリア)フォワード、フィリッポ・インザーギ氏の現役時代を彷彿とさせる」と評価した。

 家長については「7月に開催された全6試合に出場し、3得点2アシストをマーク。先月に続き好調を維持するチームの攻撃の中心となり、6連勝の原動力となっている。月間の3ゴールはどれも高い能力を見せつけ、明治安田生命J2リーグを突出している活躍ぶりがうかがえる。『家長選手がボールを持てば何かやってくれるだろう』という期待感をもたせてくれるプレーヤーであることから、本賞初となる2か月連続での受賞となった」と選考理由を伝えている。

 J1では武藤のほかに、同じ広島のFWドウグラスと、名古屋グランパスのFW川又堅碁が、J2では家長のほかに、セレッソ大阪FW田代有三、大宮MF横谷繁がそれぞれ月間MVPの候補に選ばれていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る