FOLLOW US

G大阪、代表初招集の米倉が今季初得点も新潟にドロー…連勝逃す

 明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第5節が29日に開催され、アルビレックス新潟ガンバ大阪が対戦した。

 EAFF東アジアカップ2015に臨む日本代表メンバーに最多6名が選出されているG大阪。得点ランキング首位を走る宇佐美貴史の2試合連続ゴールに注目が集まったが、前半は苦しい展開となる。

 立ち上がりから主導権を握ったのは新潟だった。6分、ペナルティエリア手前左でボールを受けた加藤大が相手DFを2人引きつけながら右に流すと、中央に走り込んだ指宿洋史が右足シュート。これはわずかにゴール左に外れる。9分には、早くも4本目のCKを得ると、ファーサイドの指宿がクロスボールをヘディングでゴール正面に落とす。山崎亮平がバイシクルシュートで狙うも、ここは東口順昭が防いだ。

 すると11分、新潟に先制点が生まれる。山崎がドリブルで右サイド深くまで侵入して中央へと折り返す。クリアしようとゴール前に入った丹羽大輝が足を伸ばしたボールは、無情にもネットに吸い込まれた。

 オウンゴールで失点を許したG大阪は19分、右サイドでFKのチャンスを得る。遠藤保仁のクロスに丹羽がヘディングで合わせるも、枠を捉え切れず。次第にボールを保持する時間帯が増えるが、シュートまで持ち込むことができない。

 G大阪は1点ビハインドで迎えた後半、セットプレーから同点に追いつく。47分、右CKを獲得すると、遠藤がニアサイドに入れたボールに反応した米倉恒貴が、角度のないところからヘディングで押し込んだ。日本代表初招集の米倉は今季初ゴール。東アジアカップに向けて好調をアピールした。

 一方、後半開始早々に同点とされた新潟は、悪い流れを断ち切ることができない。54分、舞行龍ジェームズがエリア内でファウルを取られPKを献上。これを遠藤が落ち着いて決め、G大阪が逆転に成功した。

 しかし喜んだのもつかの間、指宿に同点弾を決められる。新潟は60分、山崎の鮮やかな縦パスに抜け出した指宿が倒れ込みながらも右足で押し込み、試合を振り出しに戻した。75分にもゴール前のクロスに指宿が顔を出してゴールを脅かしたが、東口の果敢な飛び出しによって防がれる。

 最後まで一進一退の攻防を繰り広げたが、追加点を奪えずに試合は終了。2-2で勝ち点1を分け合った。3連勝を狙っていた新潟は3試合負けなし。G大阪は連勝を逃すも、4試合無敗で連戦を乗り切った。中断期間を挟むため、次節は8月12日に開催。新潟はファーストステージ王者の浦和レッズと対戦する。AFCチャンピオンズリーグ準々決勝に進出しているG大阪は、日程上すでに第6節を消化しており、サガン鳥栖と1-1で引き分けている。

【スコア】
アルビレックス新潟 2-2 ガンバ大阪

【得点者】
1-0 10分 オウンゴール(アルビレックス新潟
1-1 47分 米倉恒貴ガンバ大阪
1-2 54分 遠藤保仁ガンバ大阪)(PK)
2-2 60分 指宿洋史アルビレックス新潟

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO