2015.07.24

【予想スタメン】中2日での連戦も“王者の試練”…G大阪が“関西ダービー”でリーグ戦4試合ぶりの白星を狙う

“神戸キラー”として活躍が期待される宇佐美 [写真]=Getty Images

■ヴィッセル神戸 2ndステージは3戦無敗と好発進

 前節の仙台とのアウェー戦では、今季初の逆転勝利を収め、2ndステージの成績は2勝1分。首位の広島とともに無敗を続ける好スタートを切った。今節では、宿敵G大阪との関西ダービーに臨む。

 湘南、仙台というハードワークを持ち味とする相手にもひるまず、ネルシーニョ監督の下で取り組む、ハードでタフ、そしてオーガナイズされた守備を展開。攻撃面では、右サイドの高橋峻希が3試合連続ゴールを決めれば、新加入のレアンドロもすでにフィット。加えて、仙台戦では、途中出場の小川慶治朗や渡邉千真も勝利に貢献するなど、選手層も含めて攻め手の幅も広がりつつある。攻守とも上げ潮ムードのなかで迎えるG大阪戦で、約3カ月ぶりのホーム戦勝利、J1ホーム通算100勝を今度こそ実現させたい。

 1stステージでのG大阪戦はスコアレスドロー。“天敵”宇佐美貴史や、昨季の対戦で3得点を決められたパトリックを、ブエノや高橋祥平らのハードマークで完封し、互角の戦いを繰り広げた。今回も相手2トップを抑え込むことが勝利への必須ポイントであり、成熟しつつある攻撃で2年ぶりのG大阪戦勝利をもぎ取りたい。古巣対決となるレアンドロの復帰後ホーム初得点に期待がかかる。

 ちょうど1年前のノエビアスタジアム神戸でのG大阪戦では1-5と大敗。そのリベンジを果たすことが、悲願の初タイトル、ステージ制覇への弾みとなるはずだ。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
GK
山本海人
DF
岩波拓也
増川隆洋
高橋祥平
MF
高橋峻希
三原雅俊
チョン・ウヨン
相馬崇人
FW
マルキーニョス
レアンドロ
森岡亮太

■ガンバ大阪 4試合ぶりの白星を飾れるか

 23日に発表された東アジアカップに臨む日本代表に6人が選出されたG大阪。中でも倉田秋、米倉恒貴は待望の初選出で「しっかりとアピールして定着できるよう、必死に頑張ってきます(倉田)」、「未知の場所ですがしっかりと自分をアピールしてきたい(米倉)」と意気込みを語っている。

 ここ3試合、先行しながらも勝ち切れない試合が続いているG大阪だが、彼ら2人を含め、Jクラブでは最多選出となったプライドにかけても、今節こそすっきり白星を手に入れたい。

 ただ、コンディションは厳しい。直近のJ1・2nd第6節鳥栖戦は、スルガ銀行チャンピオンシップ出場のためイレギュラーで開催されたことから、中2日での試合を強いられる。すなわち1週間ぶりに試合を迎える神戸とは明らかにコンディションに差があるが、これもある意味、王者だからこその試練。また、パスでリズムを作るチームゆえ、ノエビアスタジアムのピッチ状態も気になるところだが「僕らはACLでもっと劣悪なピッチでの試合を経験している。相手も同じ条件だし言い訳にはしない」と倉田は言う。もちろん、その上で「今節こそ神戸の守備をこじあけて勝つ」と。その倉田はもちろん、対神戸戦での連続ゴールは止まったものの、絶対的な“神戸キラー”宇佐美貴史を含めて、攻撃がより加速すれば、4試合ぶりの白星が手に入るはずだ。(totoONE編集部)

■G大阪予想スタメン
4-4-2
GK
東口順昭
DF
米倉恒貴
丹羽大輝
岩下敬輔
藤春廣輝
MF
大森晃太郎
遠藤保仁
今野泰幸
倉田秋
FW
パトリック
宇佐美貴史

欧州リーグ順位表

チェルシー
6pt
トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る